東京五輪でコロナ禍の特例措置! 登録メンバー22名に引き上げ、試合成立には選手7人、コーチ1人が必要。不成立時は0-3敗戦に

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年07月01日

「プレーヤーズファーストの観点では良いと思う」

東京五輪の登録メンバーが22人に引き上げられる。(C)JFA

画像を見る

 コロナ禍で行なわれる東京五輪では、登録メンバーが18人から22人に引き上げられるという。

 7月1日、日本サッカー協会の反町康治技術委員長は「正式に発表されるのは今後になると思うが」としながらも、メールで事前の通知が来たとして、以下のようにその概要を説明した。

「噂は飛んでいたが、東京五輪の例外的な措置として、(登録メンバーは)22名になる。例えば、南アフリカ戦に、22名のなかから18名を選ぶ。残りの4名はスタンド観戦。次のメキシコ戦では22名から18名を選ぶ。試合ごとに22名のなかから選べる。サブが7名。そういう形で今回は進められる」

 かねてより、18人の登録メンバーに加え、GK鈴木彩艶、DF町田浩樹、瀬古歩夢、FW林大地の4人のバックアップメンバーも選出している。その4選手も18人と同様に扱われるという。

 また、反町技術委員長は「試合の成立には7人以上の選手と最低1名のコーチが必要。不成立の場合は0-3負けとなる」ことも併せて発表した。
 
 同日のワールドカップ・アジア最終予選の組分け抽選会後に会見を行なった森保一監督は、「日本にとっても良い条件。選手たちのことを考えると、怪我のリスクも低くなるし、プレーヤーズファーストの観点では良いと思う」と評価。

 さらに、登録メンバーが増えても「変わりはない」と断言しこう続けた。

「バックアップというのは引っかかっていた」として、「もともと18人プラス4人というよりも、22人で戦うということ。いろんな想定のなかで、4人を選んでいます。どういう形で入れ替わっても、最善になるように考えている」と先日発表した18人プラス4人のメンバーに変更はないという。「アクシデントが起こったら次のメンバーを考えるが、今はこの22人で考えています」

 東京五輪に臨むU-24日本代表は、7月12日のU-24ホンジュラス戦、同17日のU-24スペイン戦、ふたつの国際親善試合を行ない、22日に南アフリカとの東京五輪初戦を戦う。 

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【セルジオ越後】韓国のグループが過酷?いやいや日本が入ったグループBのほうが難しいよ
「ライバルと対決」最終予選で日本と対戦するオーストラリアのメディアは、組分けに喜色満面「中東への遠征は最低限に」
「最悪のグル-プ」韓国メディアが“オール中東”のW杯最終予選組み分けに嘆き! 天敵より日本と同組が良かった?
W杯アジア最終予選の日程発表。初戦はホームのオマーン戦! 今年10月にサウジ&豪州との2連戦!
「日韓戦はなしか」「グループA地獄かよ」日本代表のW杯アジア最終予選の組み分け決定! ファンの反応は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ