ACL、日本勢が初戦全勝の好発進! 10年ぶりに出場全チームのグループステージ突破なるか

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月27日

川崎は開始早々に先制され二度リードを許す展開も、逆転勝ちで好スタート

今シーズンのACLに出場する4チーム。左上から時計回りに、レアンドロ・ダミアン(川崎)、柿谷曜一朗(名古屋)、パトリック(G大阪)、清武弘嗣(C大阪)

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は日本時間の6月27日、グループステージI組の川崎フロンターレ対大邱FCが行なわれ、川崎が3対2で勝利を収めた。これで日本勢は出場全チームが初戦で勝利を挙げ、好調なスタートを切った。

 まず大会が開幕した22日に登場したのが、名古屋グランパス。マレーシア王者のジョホールに苦戦をしたものの、阿部浩之のゴールで1対0と勝利した。続いて24日にはセレッソ大阪が広州FCを2-0と撃破。奥埜博亮とチアゴのゴールで勝ち切った。

 25日にはガンバ大阪がシンガポールのタンピネス・ローバーズFCを相手にパトリック、レアンドロ・ペレイラのゴールで2-0と競り勝ち、さらに名古屋は浦項スティーラーズとの第2戦も消化し、柿谷曜一朗のミドル弾とマテウスの2発で3-0と快勝。2連勝を飾っている。
 
 そして日本時間の27日、大邱FC戦で初戦を迎えた川崎は、開始8分に先制を許す苦しい展開。40分にレアンドロ・ダミアンのオーバーヘッド弾で同点に追いつくも、後半立ち上がりに再びリードを許してしまう。しかし、51分に三笘薫のチャンスメイクからL・ダミアンの2点目で追いつくと、55分にもCKからジョアン・シミッチが決めて逆転に成功。苦しみながらも3-2で勝利を収めた。

 この結果、日本勢はACLの初戦を全勝とし、グループステージ突破へ好発進を切っている。日本勢の出場全チームがグループステージ突破となれば、2011年シーズンにC大阪、G大阪、名古屋、鹿島が揃って突破して以来、10年ぶりとなる(2020年は鹿島がプレーオフで敗れて本選に出場できず、他3チームが本選で決勝トーナメント進出)。

 2018年に鹿島が制して以来、アジアタイトルから遠ざかっている日本勢。今シーズンの躍進に期待したいところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
川崎、ACL初戦は大邱FCとのシーソーゲームを3-2で制す! L・ダミアンが超絶オーバーヘッド弾含む2発
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
三笘薫は3位! J公式が「J1リーグで1番ドリブルを成功させている選手」を発表。1位は札幌の日本人MF
森重が4位、稲垣が8位。Jリーグの「デュエル・マスター」は誰だ? 勝利数1位で勝率もダントツだったのは…
「これはエグいてー」「やっぱ天才だ」名古屋・柿谷曜一朗のACL浦項戦ゴラッソにファン歓喜!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ