「チームの頭脳だ」伝説OBブッフバルト、遠藤航をシュツットガルトが“手放してはいけない3人”に選出!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月25日

「2部からのステップアップは成功した」

遠藤(左)を「売ってはいけない」と評したのが、日本でもお馴染みのブッフバルト氏(右)だ。(C)Getty Images

画像を見る

 昨シーズンに初めてドイツ1部に挑戦した、シュツットガルト所属の日本代表MF遠藤航。そのプレーは、レジェンドの心も掴んだようだ。

 元ドイツ代表MFのギド・ブッフバルト氏が、6月25日付の現地紙『BILD』の取材に応じ、古巣のシュツットガルトについて語る中で、クラブが「売ってはならない」とした3人に遠藤の名前を挙げた。

 同クラブで11シーズンにわたって選手として活躍し、名誉主将でもある氏は、「ブンデスでのシーズンはとても良かった。選手たちがさらに成長したことで、2部からブンデスへのステップアップは成功したと言える」と古巣の健闘を称えた。一方で、「来シーズンも残留するために、コロナ禍の財政状況なども鑑み、チームの質をより高めなければならない。14位で満足せず、より高く、そしていずれ国際舞台で活躍するクラブにならなければ」と激励している。
 
 そして、クラブの発展のために「売ってはならない3人」にも言及した。

「クラブが次のステップに進むため、そしてコロナ禍におけるピンチを脱するために選手の売却は必要だろう。だが、なかでもサーシャ・カライジッチは絶対に残しておかなければならない。私にとってはウォルデマー・アントンも外せない。非常に安定したDFだ。それと、チームの”頭脳”であるワタル・エンドウも売ってはいけない選手だ」

 ブッフバルト氏は1994年に浦和レッズに加入し、Jリーグ初期に選手として活躍。2003年からは浦和の監督を務め、06年にはクラブ史上初となるリーグ制覇も成し遂げている。

 遠藤もプレーした浦和、シュツットガルト、そしてドイツ代表でもレジェンドであるブッフバルト氏からも認められた遠藤。現地でも“デュエル・キング”と呼ばれる日本人MFのプレーは、新シーズンも注目を集めそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「お前、本当に日本人か」大迫勇也が先輩・内田篤人にブレーメン指揮官との“口論”を明かす!「言わないとダメじゃないですか」
「本物のボスの振る舞いだった」遠藤航の“大物ぶり”をシュツットガルト指揮官が絶賛! 地元紙記者も驚嘆
田中碧から「段違い」と評されたMF遠藤航は、その“相棒”をどう評価したのか?「すごく頭を使っている」
磐田MF伊藤洋輝、ドイツ1部シュツットガルトに期限付き移籍が決定! 敏腕SDは「飛躍できる」と高評価
スペイン1部のアラベス、22歳の190センチFW原大智の獲得を正式発表!「スピード、得点能力が際立っている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ