「クボとヨシダがメンバーに」五輪初戦の相手、南アフリカも日本代表メンバーに着目! メディアが注目株としたのは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月22日

「金メダルを狙うチームだ」

東京五輪代表のメンバーに選出された久保(左)と吉田(右)。(C)Getty Images

画像を見る

 6月22日、東京オリンピックの男子サッカーに臨む「U-24日本代表」の登録メンバーが発表された。

 本大会の登録18名には、6月シリーズに続きオーバーエイジ枠に吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航が選出。また、海外組からは冨安健洋、久保建英、堂安律、中山雄太、国内組からは田中碧、三笘薫、上田綺世、前田大然ら精鋭たちが名を連ねた。

 この発表に、日本と初戦で対峙する南アフリカのメディア『SuperSport』も反応。「日本はオリンピックで1968年のメキシコ大会で銅メダルを獲得したのみだが、森保一監督は来月開幕する2020年東京大会で、ホームグラウンドでの栄光を確信しているようだ」と伝えている。
 
「元サウサンプトンDFの吉田麻也と、レアル・マドリーの若手である久保建英が、東京オリンピックの18人のメンバーに選出された。彼らは金メダルを狙うチームとして編成されている。

 吉田はA代表でも107試合出場の経歴を持ち、これまでに2度のワールドカップ、そしてオリンピックに出場した32歳だ。また、オーバーエイジ枠として吉田以外にも28歳MFの遠藤航、ドイツとフランスの経験を経て、Jリーグの浦和レッドダイヤモンズに復帰したばかりの酒井宏樹も参加する」

 また、チームの編成として「海外組と国内組のプレーヤーが均等に配置されている」と評したうえで、「主役である」と名指しした久保と並び、川崎フロンターレに所属する三笘薫を注目のプレーヤーとして紹介している。

「森保監督は会見で、久保に並び、三笘薫にも期待を寄せていることを明かした。『彼は守備を突破できる選手で、特別な資質を持っている。オリンピックの舞台で活躍し、チームに貢献してくれることを期待している』と語った」

 日本代表と南アフリカは7月22日に、東京五輪の男子サッカー初戦で対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【U-24日本代表 全選手プロフィール】東京五輪に挑む18人の経歴、世界経験、プレースタイルは?
「日本がメダル獲得の意志を表わした」東京五輪代表の発表に韓国メディアも注目!「期待の選手たちがずらりと…」
「川崎サポ大歓喜」「背番号が…」東京五輪代表18名が発表! 見守ったファンは歓喜&ため息の嵐に
「一生に一度の経験」酒井宏樹が自国開催での五輪に意気込み「責任を噛みしめながら」
谷晃生が五輪メンバー選出の心境を告白! “成長株”が大舞台の先に見つめるのは…「ここで終わるような選手じゃない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ