「日本のトップタレント」田中碧のデュッセルドルフ移籍の噂に現地紙も反応! “期待の存在”と高評価

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月21日

「移籍に近づいているようだ」

代表チームでも頭角を現している20歳の田中。海外初挑戦が現実味を帯びている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 川崎フロンターレは6月20日、一部報道で海外移籍が噂された田中碧について、「移籍を前提とした調整に入り、チームを離脱した」と発表した。

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に参加するため、ウズベキスタンに移動したクラブに田中は帯同しておらず、海外クラブへの移籍を前提とした交渉、調整を進めているとされる。 

 この一報に、ドイツ紙『Rheinische Post』も反応しており、「デュッセルドルフ(ドイツ2部)にトップレベルの人材が接近している」と伝えている。

「フォルトゥナのチーム編成が進んでいる。我々の情報筋によれば、日本のトップタレントである田中碧が移籍に近づいているようだ。すでにMFニクラス・シプノスキの加入が発表されているが、次の戦力は日本人だ。田中はまず1年のレンタルで加入する見込み。買取オプションを付けた状態での契約をかわし、その後に行使する狙いがあるという」
 
 さらに、その能力も高く評価されていると綴っている。

「田中は日本の1部リーグの川崎と契約しており、来るべき東京五輪では代表チームの中心的な役割を果たすことが期待されている。昨シーズンはJ1で20試合に出場し、1ゴール・4アシストを記録した。セントラルMFとしてはその将来性に高い期待がもたれている」

 現時点では川崎、デュッセルドルフともに公式な発表はない。同クラブにはこれまで、朝枝健(2007-08)、結城耕造(2009-10)、大前元紀(2013-14)、金城ジャスティン俊樹(2016-18)、宇佐美貴史(2017-19)、原口元気(2018年)らの日本人選手が在籍。昨シーズンは、19歳の日独ハーフ、アペルカンプ真太がユースから昇格し、トップチームでプレーした。

 実現すれば、日本人が同時にふたり以上在籍するのは、宇佐美&原口以来となる。果たして田中は1部昇格を狙うドイツの名門の扉を叩くのか。今後の動向が注目される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
川崎・田中碧がいよいよ日本を飛び出すか。海外移籍の交渉本格化。ACL遠征に帯同せず
「絵になるね~」「ビッグコラボ」香川真司、憧れカズとのオフモード満載の2ショットを公開!
「クオリティを飛躍的に向上させる」鎌田大地のセビージャ移籍に地元紙が太鼓判!「ドリブルを止めるのは難しい」
久保建英にセリエA昇格組のサレルニターナが関心と現地報道!「アンチェロッティが宝石を送る」
“無所属”の浅野拓磨は、トルコ1部ギスレンスポルと契約間近か? 現地メディアが報じる

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ