「エリクセンの奇跡は彼のおかげ」伊医療専門家が称賛したデンマーク主将の振る舞いとは?「バロンドールを与えるべき」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月17日

自身は63分に交代

ピッチに下りてきたエリクセンの妻サブリナさんを励ますケア。(C)Getty Images

画像を見る

 デンマーク代表の主将シモン・ケアには世界中から賛辞が寄せられている。

 6月12日のEURO2020フィンランド戦で、クリスティアン・エリクセンが試合中に倒れたとき、ケアは迅速かつ冷静な対応を見せた。

 エリクセンの気道を確保したケアは、駆けつけたメディカルスタッフがすぐに治療にあたれるよう、チームメイトに動くようにうながした。さらに、仲間とともに腕を組んで心臓マッサージを受けるエリクセンのプライバシーを守ると、ピッチサイドに降りてきて涙するエリクセンの妻に寄り添った。

 試合が再開されると、再びピッチに立ち、最終ラインで気丈に戦った。63分に交代したキャプテンについて、キャスパー・ヒュルマン監督は、この上なく消耗していたと話している。

 すぐに異変を察知し、気道確保に努めたケアの機転が、エリクセンの命を救ったと話す医療関係者は多い。だからこそ、死の淵にあった仲間を助けた行動への称賛は尽きない。

 ミランとインテルに所属するケアとエリクセンが日ごろプレーするイタリアの専門家、サッカー界有数の名誉でケアを称えてほしいと話した。

【画像】心臓マッサージを受けるエリクセンを囲むデンマークの選手たち
 イタリアの通信社『ANSA』によると、同国サッカー連盟医療委員会のメンバーであるピーノ・カプーア氏は、『Tg2Italia』で「エリクセンの映像はぞっとする。だが、奇跡が起きたのだと思う。ケアのおかげだ」と述べている。

「それだけで、バロンドールにふさわしいだろう。そう提案したい。彼の最初の対応のおかげで、エリクセンは救われた。彼が命を救い、エリクセンは再生したんだ。心停止の原因に関する診断結果が出るかは分からない。繰り返し言いたいのは、ケアにバロンドールを与えるべきということだ」

 賞で称えるとの考え方には、賛否両論があるかもしれない。いずれにしても、ケアの行動は最大の敬意を払われるにふさわしかった。そのことに、異論はないだろう。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
「ばかげた判断だ」デンマークのレジェンドがUEFAの“試合再開決定”を痛烈批判!「全くフェアではない」
「速すぎる!」「PKだ!」エムバペの“爆走シーン”がTikTokで大反響【EURO】
「コカ・コーラのCMに出ていたじゃないか」C・ロナウドとハイネケン拒絶のポグバを西紙が糾弾!「エゴイスティックだ」
ユンカーが3度目の正直で同胞エリクセンへエール弾!「99%パスを出したほうが良い」ファーストチャンスは小泉に譲る
「彼は一度死んでいた」デンマーク代表チームのドクターが“緊急搬送”エリクセンの状況を説明。復帰の可能性は…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ