• トップ
  • ニュース一覧
  • J複数クラブも注目した逸材が家長昭博の後継者に? 王者・川崎に入団内定した興國高の左利きアタッカーはいかなる選手か

J複数クラブも注目した逸材が家長昭博の後継者に? 王者・川崎に入団内定した興國高の左利きアタッカーはいかなる選手か

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2021年06月16日

興國・内野監督は「歴代のアタッカーでも一番」とテクニックを評価

来季の川崎入団が内定した永長。その技術は指揮官も「歴代で一番」と絶賛する。写真:森田将義

画像を見る

「プロに行きたいという気持ちはずっと思っていたけど、まさか本当になれるとは思わなかった」

 そう口にするのは、16日に来季から川崎フロンターレに入団されることが発表された興國高のMF永長鷹虎(3年)だ。本人が驚くのも無理はない。これまでに世代別代表の経験はなく、中学時代も地区選抜止まり。全国大会への出場経験もないため、無名の存在と言っても過言ではない。昨年からチームでスタメンを務めるものの、本領を発揮し始めたのは今年に入ってから。他の注目選手に比べて遅れをとったが、10チーム近くのJクラブが興味を示した左利きのアタッカーだ。

 武器は数多くのJリーガーを輩出してきた内野智章監督が「歴代のアタッカーでも一番」と一目置くテクニックを活かしたドリブルだ。

「ドリブルばっかりやっていた」という中学までに身につけた柔らかなボールタッチ。それを活かした突破の切れ味は十分だ。ゴール前でのアイデアも豊富で、得点に直結する働きができるのが特長である。

 高校に入学した直後は球離れの遅さが目立ったが、戦術的なプレーを身につけるうちにパスとの使い分けが上手くなり、相手にとってより怖い選手へと成長した。また、学年が進むにつれて技術に身体の成長が追いついてきたのも、彼にとっては大きかった。ステップワークのトレーニングに励んだ甲斐もあり、課題だったスピードも格段にアップ。突破力に磨きがかかっただけでなく、「これまでは抜かれて終わりだったのが、すぐに追いつけるようになった」と前線からの守備でも力を発揮できるようになった。
 
 内野監督が「試合でたまたま活躍するんじゃなく、練習から止まらない」と口にする通り、今年に入ってからのプレーは風格すら漂う。永長の評判は瞬く間にJのスカウトの間で広まり、今春にはセレッソ大阪の練習に参加した。中でも熱心だったのは、J1王者の川崎だ。6月上旬に行なわれたインターハイ予選の準々決勝終わりに誘いを受けた永長は、「興國と同じ攻撃的なサッカーをしているのが魅力だった。こんなに上手いチームが日本にあるんだなって思いながら、試合を見ていた。日本トップクラスの環境で練習できるだけでも、絶対に上手くなれる。自分が現段階でどこまで通用するか試してみたい」と加入を即決した。

 直後には、他のJ1クラブからも熱烈なアプローチを受けたが、「2チームともとても魅力的なチームだったので正直、どちらにも行きたかった。でも、話をもらった時点でフロンターレに行くと決めていたので気持ちは変わらなかった」。
 
【関連記事】
昨季プロ5名輩出の興國高に驚異の1年生ドリブラーが台頭! 中3時のJ1横浜練習参加で意識変化
編集部が選定!! 2021年の高校サッカー界を彩る注目プレーヤー300選~関西編
昨季プロ4名を輩出した昌平、衝撃の強さ!! 昨冬の選手権4強相手に圧巻の6発大勝! 今年のチームの特徴は?
Jスカウトが注目する怪物CB、チェイス・アンリの進化が止まらない!「代表に呼ばれてスイッチが入った」
首位川崎U-18も撃破! いま全国トップクラスの強さを誇る昌平、注目の1・2年生コンビが躍動!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ