首位川崎U-18も撃破! いま全国トップクラスの強さを誇る昌平、注目の1・2年生コンビが躍動!

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2021年06月07日

FCラヴィーダ出身のふたりが前線のホットラインを形成

FCラヴィーダ出身の1、2年生コンビ。10番の荒井悠汰(2年)と18番の小田晄平。写真:安藤隆人

画像を見る

 延期となっていたプリンスリーグ関東4節・昌平vs川崎フロンターレU-18の一戦が6月5日、昌平高グラウンドで行なわれた。これまで4戦全勝の首位・川崎U-18に対し、こちらも3戦で2勝1分けと負けなしの昌平がどう挑むかに注目が集まったが、この重要な一戦で躍動したのは、前線で起用される1、2年生の『ラヴィーダコンビ』だった。

 1年生ながら1トップに君臨するFW小田晄平と、昨年は唯一の1年生レギュラーを張り、須藤直輝(鹿島アントラーズ)から10番を引きついだMF荒井悠汰は、昌平の下部組織にあたるFCラヴィーダ出身。中学時代から意思疎通ができている縦関係のホットラインが、開始早々の1分にいきなりその力を見せつけた。

 左サイドで荒井がボールを持ち、前を向いた瞬間、「普段の練習から『俺がボールを持ったら動き出せ』と言われていた」と小田が語ったように、自分をマークしていた相手の左CBの浅岡飛夢が荒井の方に目を向けたのを確認して、裏のスペースに走り込んだ。

「小田が相手の背後をとっていたので通すだけだった」と、荒井から糸を引くようなスルーパスが届くと、小田は鮮やかなファーストタッチからGKの動きをよく見てゴール左隅に流し込んだ。

 このゴールで勢いづいた昌平は、19分に再び小田がファインゴールを突き刺す。右サイド深い位置から仕掛けてペナルティエリア内に入ると、ゴールへの角度は厳しかったが、「試合前にボランチの井野文太君から『今日は思い切って足を振っていけ』と言われていたので、いつもならパスを選択しているのですが、GKもニアポストに寄っていたのでファーを思い切り狙いました」と迷わず右足を一閃。ボールは弾丸ライナーでGK青山海を破り、逆サイドネットに文字通り突き刺さった。
 
 2点のリードを奪った昌平は、前半終了間際に川崎U-18のエース五十嵐太陽にカットインから豪快な一撃を浴びるが、後半立ち上がりの50分に右サイドを突破したDF本間温士の折り返しを受けたMF平原隆暉が倒されてPKを獲得。これをキャプテンのDF篠田大輝が冷静に沈めて、再び突き放した。

 ここから川崎U-18の強度の高いプレーで主導権を握られるシーンもあったが、小田と荒井は前線からの果敢なプレッシングで守備の急先鋒となり続けた。2人とも後半の接触プレーの影響で途中交代となったが、チームは87分に再び1点差に迫られるも、後半アディショナルタイムに平原が相手のミスを突いて4点目を叩き込んで、4−2の勝利。川崎の無敗を止めて、5位から2位へと浮上した。
 
【関連記事】
昨季プロ4名を輩出した昌平、衝撃の強さ!! 昨冬の選手権4強相手に圧巻の6発大勝! 今年のチームの特徴は?
開幕目前の埼玉インターハイ予選を展望! タレント豊富な昌平も盤石とは言えない群雄割拠の壮絶戦へ
昌平の切り札は第二の内田篤人になれるか? 選手権で決定力を発揮してきた“9番”がサイドバック転向のワケ
昨季プロ5名輩出の興國高に驚異の1年生ドリブラーが台頭! 中3時のJ1横浜練習参加で意識変化
プロ大注目の2年生、大迫塁が神村学園を全国へ導く決勝弾! 逸材を進化させた「松木の言葉」と「Jクラブで得た手応え」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ