トレード報道の吉田麻也、今度は中東クラブからオファーか? 移籍専門メディアが報じる!

カテゴリ:海外日本人

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2021年06月12日

つい先日、シメオネとのトレード話が浮上したばかり

サンプドリアの守備を束ねる吉田。その去就に注目が集まっている。 (C)Getty Images

画像を見る

 次々と浮上する関心報道は、吉田麻也の去就に影響するだろうか。

 一部のイタリア・メディアは先日、サンプドリアがカリアリのジョバンニ・シメオネを狙っており、トレード要員としてヤクブ・ヤンクトとともに吉田をリストアップしたと報じている。

 一方で、『Il Secolo XIX』紙によると、吉田にはイタリア以外に中東からも誘いの声があるという。関心を寄せているのは、カタールのアル・ドゥハイルだ。『TUTTOmercatoWEB』が伝えている。

 今シーズンの吉田は、セリエAの32試合に出場(先発25試合)。3試合連続でスタメンから外れたことはなく、1得点・2アシストをマークし、シーズン途中に契約延長を勝ち取った。

 早くからイタリア語習得に励み、インタビューにもイタリア語で応じて、ジェノバ方言を使ったジョークを飛ばすなど、吉田はカルチョの国に見事に適応してみせた。そのコミュニケーション能力の高さは、SNSでのチームメートとの交流からも知られている。
 
 加えて、経験豊富なベテランらしい冷静さや安定感、さらに日本代表主将にふさわしいリーダーシップを発揮し、サンプドリアの最終ラインで存在感を発揮。サンプドリア専門サイト『sampnews 24』も先日、現時点で吉田を放出するのは「狂気に思われる」との見解を示した。

 ただ、同サイトは同時に吉田が8月で33歳になることも指摘。今後市場価値が上がることは見込めないとし、カリアリとのトレードが「今後に向けて最高のビジネスになる可能性もある」とも伝えた。契約が残り1年のため、サンプドリアは吉田の放出で多少の移籍金を手にできる。

 セリエAで3年目のシーズンに臨むのか。2022年ワールドカップ開催地のカタールに渡るのか。吉田の去就を巡る今後の進展に注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
吉田麻也がシメオネとの“電撃トレード”でカリアリに移籍か? 現地メディアも驚愕「狂気にしか思えない」
「スタイル良すぎ」「モデルかと…」吉田麻也の公式スーツ姿が大反響! ファンからは思いがけないリクエストも!?
「かわいい後輩が削られたら…」危険なファウルに激しく抗議! 吉田麻也が一触即発シーンの意図を説明
「絶対に信じられない」「狂気の沙汰だ」久保建英のジャマイカ戦圧巻ゴールに、海外メディア驚嘆!
どこよりも早い東京五輪メンバー18人予想! 6月シリーズ3試合の選手起用で見えた“優先順位”

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ