オーバーラップで遠藤の得点を“アシスト”。それでも旗手怜央が浮かない顔だった理由とは?

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年06月12日

効果的だった果敢な攻め上がり

左SBで先発出場した旗手。交代する60分まで果敢にアップダウンを繰り返した。金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 国際親善試合のU-24日本代表対ジャマイカ代表は6月12日、豊田スタジアムで行なわれ、日本が4-0で快勝した。

 左SBで先発した旗手怜央はハイパフォーマンスを披露。ビルドアップに積極的に加われば、機を見た縦パスは鋭く、守備も危なげなかった。特に効果的だったのは果敢な攻め上がりだろう。

 何度もアップダウンして三笘薫、久保建英、堂安律らオフェンス陣をサポート。攻撃にアクセントを加え続けた。なかでも42分のプレーが印象深い。旗手がトップスピードで左サイドを駆け上がってジャマイカのDFを引き付けたことにより、遠藤航がフリーで見事なミドルシュートを突き刺したのだ。

 直接的なパスではないが、そのオーバーラップは遠藤の得点の“アシスト”と言えるだろう。
 
「その前にも久保(建英)選手がボールを持った時にオーバーラップしたシーンがありました。大外で僕が走ることでボールを持った選手の選択肢が増えると思うので、僕がボールをもらえたらラッキーという感覚。(遠藤航がゴールを決めて)あれはあれで考えどおりのプレーです」

 しかし、試合全体では「どのポジションでも結果を求めてきました。その意味ではゴールやアシストができなかったので、すごく悔しい」と自らの出来に満足していないようで、どこか浮かない顔だった。

 もっとも、身体を張った守備や積極的な攻撃参加で勝利に貢献した旗手。東京五輪のメンバーに選ばれる可能性は十分にあるだろう。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【U-24日本4-0ジャマイカ|採点&寸評】際立っていたオーバーエイジ2人を最高評価!MOMに選んだのは…
「上田のループ最高」「堂安決めたー!」ジャマイカ代表に4発完勝! 東京五輪代表の爆発にファン興奮
「3人の股抜き?4人?」「A代表より強いよ」東京五輪代表がジャマイカ代表を相手に堂々プレー! 見守るファンも喜びに沸く
「3人抜きはえぐいて!」「漫画かよ」久保建英の先制弾“股抜きショット”に反響続々!
「給水タイム明けに酒井選手から話があった」久保建英が芸術先制弾の舞台裏を明かす

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ