【岩本輝雄】世界8強を目指すなら、タジキ戦の失点には危機感を持つべき。蘇ったベルギー戦の苦い記憶

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2021年06月08日

世界で躍進するためには教訓にしなければいけない

タジキスタン戦では2次予選で初の失点を喫した。大勢に影響はないけど、危機感を持つべきだと思う。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 最終的には4-1と危なげない勝利だったけど、一時は同点に追いつかれたことを考えれば、タジキスタンはまずまず力のあるチームだったと思う。

 スコアが示すとおり、もちろん日本のほうが強いのは間違いない。ただタジキスタンもそれなりにチャンスを作っていたし、選手一人ひとりを見れば、個人技もスピードもある。やりがいのある相手だったんじゃないかな。

 2次予選ではずっと無失点だった日本は、古橋のゴールで先制したその3分後、ゴールを割られる。左サイドからクロスを入れられて、ヘディングシュートを決められた。

 競り負けたのは山根。しっかりとマークについていたと思うけど、ほんの一瞬だけ相手を離した隙にやられてしまった。たしかに相手のマークの外し方は上手かった。でも、それは言い訳にはできない。

 思い出されたのは、ロシア・ワールドカップのベルギー戦の2失点目。アザールのクロスからフェライニの打点の高いヘッドで叩き込まれた。

 日本が世界で勝つために、ゴール前の“高さ”は避けて通れない課題だ。逆に言えばそこがクリアされれば、悲願の8強入りも見えてくるはず。

 長身のDFを揃えられればそれに越したことはないけど、サイズの問題だけではないと思う。中でどれだけ厳しく身体を寄せられるか、いかに前に入らせないようにするかは当然として、クロスを簡単に上げさせないとか、“高さ勝負”になるシチュエーションに持ち込ませないことも重要になる。

 相手のレベルがグッと上がる最終予選では、タジキスタン戦の失点場面のようなケースはもっと増えてくると思う。そこでどう守るか。まずは本大会への出場権を掴むことが大事だけど、今からワールドカップのことも見据え、詰めるべきところは詰めておかないと。
 
 南野の7戦連発とか、橋本や川辺の代表初ゴールとか、トピックの多いゲームではあった。彼らの奮闘は手放しで喜びたいし、素晴らしいパフォーマンスだった。

 でも、僕としてはあの1失点がどうしても気になるし、このままではロシア大会を上回る成績は残せないんじゃないかと、不安な気持ちのほうが大きくなった。

 山根だけの問題でもなければ、メンバーがいつもと違うとかも関係ない。日本代表でチームとして、危機感を持って取り組んでほしい。2次予選で初めて喫した失点。大勢に影響はないけど、世界で躍進するためには教訓にしなければいけないと思う。

【PHOTO】日本 4-1 タジキスタン|南野7戦連発弾!橋本・川辺の代表初ゴールなどもありアジア2次予選7連勝!

【PHOTO】また決めた!本田に並ぶW杯予選7試合連続ゴールを決めた南野拓実!

【PHOTO】南野との新ホットライン!1ゴール・1アシストと結果を残した古橋亨梧!

【PHOTO】ともに国際Aマッチ初ゴール!橋本拳人&川辺駿を特集!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ