「追いつかれた…」「格下相手に何やってん」日本代表、W杯2次予選7試合目にして初失点。まさかの展開にファンも悲鳴

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年06月07日

「しっかり勝ち切ることが大事」

6分に古橋のゴールで先制した日本だが、9分に同点に追いつかれる。今予選で初の失点。GK権田の連続無失点記録は9試合でストップ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 6月7日に行なわれているワールドカップ・アジア2次予選の日本代表対タジキスタン代表の一戦で、日本が予選初の失点を喫した。

 立ち上がりから激しいハイプレッシャーをかけた日本は、6分に古橋亨梧のゴールで幸先よく先制。しかしそのわずか3分後だった。クリアボールを左サイドで回収したマヌチェフル・サファロフからの鋭いクロスに、ゴール前でエフソン・パンシャンベに頭で合わせられ、ゴールネットを揺らされた。思わぬ形でゲームは振り出しに戻った。

 ここまで、W杯アジア2次予選で6戦全勝、36得点・0失点と圧倒的な数字でグループ首位に立っている日本にとって初めての失点。SNS上は、悔しさ露わにするファンのコメントで溢れている。
 
「わーーー」
「追いつかれた…」
「オール無失点いけると思ったのに…」
「格下相手に何やってん」
「こっから立て直して、しっかり勝ち切ることが大事」
「先制して気が緩んだか?」
「DFラインのメンバーの評価に多少なり響きそう」

 その後日本は、最終ラインからしっかりとビルドアップして試合を優位に進めるも、なかなか追加点を奪えず、1-1のタイスコアで試合は推移している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本 4-1 タジキスタン|南野7戦連発弾!橋本・川辺の代表初ゴールなどもありアジア2次予選7連勝!

【PHOTO】また決めた!本田に並ぶW杯予選7試合連続ゴールを決めた南野拓実!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ