【短期連載】『AKB48の経済学』著者に訊く“Jリーグと日本経済”第1回「外資参入の意味とJクラブ経営の見通し」

カテゴリ:Jリーグ

石田英恒

2015年05月21日

外資参入は、広い意味での日本買いの一環

昨年5月に横浜はシティ・フットボール・グループとパートナーシップを締結。同グループは横浜の株式を一部取得するなど、外資とJリーグの結び付きは今後、どのように発展していくか注目だ。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

『AKB48の経済学』著者がJリーグを多角的に考察する短期集中連載。
 
 第1回は、景気回復が見込まれる日本経済とJリーグの関係性について。
 
 今年3月、マンチェスター・シティを傘下に置く「シティ・フットボール・グループ」が、日本法人「シティ・フットボール・ジャパン」を設立。同グループは、2014年5月に横浜F・マリノスの株式の一部を取得しているだけに、外資系企業でも日本法人があれば、Jクラブの経営権を持てるのがJリーグのルールであることから、横浜が外資に買収されるのでは、との憶測が飛び交った。
 
 結局、横浜側はこの噂を完全否定したが、いずれにせよ、こういった話題が出てきたのはJリーグにとっては初めてで、注目される出来事ではあった。
 
 日本経済が回復傾向にあるなか、外資参入はJリーグにどのような影響を及ぼすのか――。
 
 日本経済思想史と日本経済論を専門とし、リフレ派論客として活躍するだけでなく、AKB48などポップ&サブカルチャーにも詳しい経済学者の田中秀臣氏に話を聞いた。
 
――◆――◆――
 
――Jクラブに外資が入ってきたことについてはどう見ています? 
 
「一般的に、外国人投資家は短期で大きな利益を上げようとする傾向があります。そういう投資パターンの印象があるので、外資に対する否定的な見方があるのでしょう。
 
 ただ、短期とするとスポンサー企業にとって色々と制約も多く、一流選手の多くが海外へ渡っているJクラブへの資本参加は、投資家にとってのメリットはあまりないはずです。
 
 私は、今回の資本参加は、短期で利益を得るためのものではなく、長期投資の一環のものではないかと思っています。“Jクラブが外資に買収される”などとセンセーショナルに騒ぎ立てるようなものではないでしょう」
 
――アベノミクスによる日本の経済状況の変化が、投資家の心理に変化を与えたのでしょうか?
 
「今、アベノミクスによる外資の日本買いで、株高が演出されています。横浜の親会社、日産の株価も上がっていますし、今後、日産の企業収益がさらに上がり、株価も上がっていく可能性は高いと思われます。
 
 さらに、Jリーグ本体へのスポンサーからの協賛金や放送権料が将来的に上がり、Jリーグから横浜への分配金が増加していく可能性があります。
 
 日本に変化が生じ、日本の将来に明るい見通しが出てきたことで、株高に象徴されるような日本買いが、スポーツの世界でも始まったということだと思います。現状では、横浜の株は買いであるという判断なのかもしれません。そうであるならば、広い意味での“日本買いの一環”とも言えるでしょう」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ