【U-24代表戦のスタメン予想】絶対に負けられない“兄弟対決”へ。A代表の底力誇示へガチメンバーを起用か

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年06月03日

CBは昌子、植田の“元鹿島コンビ”か

A代表の予想布陣。吉田、遠藤、酒井らはU-24代表へ回っている。

画像を見る

 日本代表は6月3日、札幌ドームでU-24日本代表と対戦する。

 本来はキリンチャレンジカップとしてジャマイカ代表と対戦するはずだった森保ジャパン。しかし、新型コロナウイルスの影響で、試合出場が可能となる期日までに一部のジャマイカ選手が来日できず。試合は急遽、中止に。予想外のアクシデントを受け、東京五輪への強化を進めるU-24代表との試合が決まった。

 平常時では決して実現しなかったであろう“兄弟対決”は楽しみであり、一方でA代表選手にとっては絶対に負けられない戦いになる。

“弟分”のU-24に敗れれば物議を醸すことになり、“先輩”のプライドとしても負けるわけにはいかない。ただ今回はオーバーエイジ候補として、5月28日にミャンマー戦(10-0)を戦った吉田麻也、遠藤航、酒井宏樹、そして東京五輪世代の冨安健洋、堂安律、久保建英らがU-24代表に回っている。逆にA代表にはJリーグ組の山根視来、昌子源らが合流。負けられない真剣勝負へ“ガチメンバー”を起用することになりそうだ。
 GKは先のミャンマー戦はリーグ戦の関係で不在だった権田修一が先発に復帰するか。ミャンマー戦でゴールマウスを守った川島永嗣に続き、シュミット・ダニエル、中村航輔もいるが、正守護神を再び権田が務める可能性は高いだろう。

 最終ラインは経験値やミャンマー戦のアピール度から考えれば、右から室屋成、植田直通、昌子源、長友佑都か。両SBの室屋と長友はミャンマー戦でゴールをアシストするなど、コンディションは良好。後半から出場の植田もまずまずのプレーを見せた。

 一方で注目は2年ぶりの復帰となった昌子。植田とは鹿島時代にCBコンビを組んでおり、連係は問題なさそうだ。

 また3月シリーズの韓国戦でスタメンとして初出場&初ゴールを奪った右SBの山根、3年半ぶり復帰のCB谷口彰悟と、Jリーグで堂々の強さを見せる“川崎勢”にもチャンスが訪れるか。山根が右SBに入れば、U-24代表の三笘とのチームメイト勝負も期待される。
 
【関連記事】
【A代表戦のスタメン予想】OAが加わった新布陣に注目! 久保、堂安、三笘が2列目で初の“揃い踏み”か
A代表、6月シリーズの背番号が発表!OAで抜けた3人の番号を背負うのは山根、佐々木、谷口。冨安の16番は小川に
【ポジション別検証】ボランチ編|遠藤&守田が鉄板コンビに。柴崎復権、橋本や田中碧らの定位置奪取は?
【識者が選ぶラ・リーガのワースト11】マドリーから3人、バルサから2人を選出! 最大の失望は…
「本当に夢の対決!」「激アツ」ジャマイカ戦が急きょ中止も…A代表VS東京五輪代表の実現にファン興奮

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ