「彼をトップチームで見たい」南野拓実の躍動で、レッズファンの“残留希望”が過熱! 現地紙が報じる              

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月30日

ミャンマー戦で2ゴール・3アシストと躍動

W杯予選で6試合連続ゴールを達成した南野。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 5月28日に行なわれたカタール・ワールドカップのアジア2次予選で、日本代表はミャンマー代表に10-0で勝利を収め、2試合を残し、最終予選進出を決めた。

 この試合で、プレミアリーグのサウサンプトンでプレーする南野拓実は2ゴール・3アシストと躍動。この活躍ぶりは、保有元であるリバプールにも届いているようだ。

 現地紙『Liverpool Echo』は28日付けで、「移籍決定を前に念押し。タクミ・ミナミノがリバプールでの将来をめぐる議論を巻き起こす」と伝えた。

 今年2月にサウサンプトンへ今シーズン終了までのレンタル移籍をした南野は、加入直後の3試合で2ゴールを決めて順調な滑り出しを見せたものの、その後は出番が減少。尻すぼみのままシーズンを終えた。
 
 来シーズンはリバプールに復帰するのか、それとも再レンタル、もしくは売却されるのか。去就が不透明ななかで、見事なパフォーマンスを見せた日本人アタッカーに対して、リバプール・ファンの間では放出に関する賛否が過熱。同紙はそうしたサポーターの声を紹介している。

「南野の活躍を聞いたサポーターからは、改めて『彼をトップチームに入れてほしい』という声が噴出した。現地専門サイト『Anfield Effect』も、『フットボーラーはチームのために走る必要がある。そういう選手が必要だ』と日本人選手を支持した。

 彼にはおそらくプレシーズンで恒例となっているトレンメア・ローバーズとの試合で、ユルゲン・クロップ監督に対して力を証明するチャンスが与えられるだろう。だが、納得していない意見もある。あるファンは『彼は“ファーマー(農民)”でプレーしただけだ。もちろん彼を誉めてあげる必要はあるが』と警告を発した」

 今夏の動向が注目される南野。代表で見せているような活躍をプレシーズンに披露できるか鍵になりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
【セルジオ越後】2次予選は日本にとって不運な組み合わせ。二ケタ得点の試合を何回も見せられても…
「完璧に敗れた」日本戦で、ミャンマー代表選手が見せた“抗議”ポーズ。現地で大きな反響を呼ぶ
「記録達成は嬉しいけど、一番はやっぱり…」W杯予選6戦連発の南野が喜びを語る
なぜ日本人はスペインで活躍できないのか。内田篤人の見解は?「勘違いすると痛い目に遭う」
なぜ日本は10点取る必要がないミャンマー戦で強度を緩めなかったのか? 森保Jの「相手に合わせない」戦いぶりに感じた意志

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ