シノヅカが値千金の先制弾も、松原が目の覚めるようなゴラッソ!横浜と柏の一戦はドロー決着

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月22日

柏が先制も、横浜が追いつく

終盤にお互いに1点ずつを取り合い、試合はドロー決着。写真:塚本凛平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは5月22日、第15節の9試合を各地で開催。日産スタジアムで行なわれた横浜F・マリノス対柏レイソルの一戦は、1-1の引き分けに終わった。

 両チームのメンバーは以下のとおり。

ホームチーム/横浜
スタメン)
GK:高丘陽平 DF:松原健、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、ティーラトン MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、天野純 FW:エウベル、オナイウ阿道、前田大然
サブ)
GK:梶川裕嗣 DF:岩田智輝 MF:渡辺皓太、扇原貴宏 FW:水沼宏太、仲川輝人、レオ・セアラ

アウェーチーム/柏
スタメン)
GK:キム・スンギュ DF:川口尚紀、上島拓巳、大南拓磨、古賀太陽 MF:椎橋慧也、ドッジ、神谷優太、仲間隼斗 FW:江坂任、細谷真大
サブ)
GK:佐々木雅士 DF:三丸拡、山下達也 MF:三原雅俊、イッペイ・シノヅカ、ヒシャルジソン FW:アンジェロッティ

 横浜はいつも通りにテンポ良くボールを動かしスピーディな攻撃を披露。序盤から相手ゴールに迫るシーンを数多く作る。柏も負けておらず、横浜のスピード感に食らいつき集中したディフェンスを見せ、攻撃ではシンプルかつ即効性のあるアタックで相手を脅かす。

 攻守の両局面でお互いにアグレッシブな姿勢を示し、見応えある攻防を展開。ただ両チームとも決め手を欠いて得点には至らず。前半は0-0のスコアレスで折り返す。

 後半に入ってもゲームのテンションは落ちない。攻守が頻繁に入れ替わり、要所で激しいバトルが続く。だが、なかなかゴールをこじ開けることができない。

 60分には横浜のオナイウが決定的なヘディングシュート。しかしこれはポストに嫌われてスコアボードを動かせない。71分には敵陣エリア内で柏の神谷がフリーでシュートも、GK高丘の好セーブに阻まれる。
 
 均衡が破れたのは82分。スコアボードを先に動かしたのは柏。仲間のクロスを途中出場のシノヅカが押し込んだ。

 ビハインドを背負った横浜は86分、同点に追いつく。エリア手前でマイボールにした松原が右足を一閃。これぞゴラッソという強烈なミドルを突き刺した。

 試合はそのまま1-1でタイムアップ。勝点1を分け合う結果となった。

 次節の第16節、5月26日に横浜は敵地で大分トリニータと、柏はホームでヴィッセル神戸と対戦する。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【J1第15節PHOTO】横浜1-1柏|シノヅカ弾で柏が先制するも4分後、松原のゴラッソ!激しい攻防戦はドロー決着!
【関連記事】
【森保ジャパン最新序列】久保はセカンドトップの二番手に。大迫、遠藤、吉田らが不動
【U-24日本代表最新序列】オーバーエイジ3人の招集でスタメンはどう変わる? 激戦区の2列目は…
【セルジオ越後】オーバーエイジはDF2人にボランチ1人。森保監督は相手が上だと認めているよ
【月間表彰】マリノスMF天野純の“超絶アウトサイドクロス”が4月のベストアシストに!「キャリア最高。でも正直に言うと…」
“芯”はあるのか。不安定な柏が抱える最大の問題点とは

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ