先制を許すも山下&樋口の2発で鳥栖が鮮やかな逆転勝利! 相馬アントラーズは初黒星

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月22日

リードを奪われる展開も鳥栖が後半に逆転

チームを勢いづかせる同点弾を決めた鳥栖の山下。写真:田中研治

画像を見る

 J1リーグは5月22日、第15節の9試合を各地で開催。駅前不動産スタジアムで行なわれたサガン鳥栖対鹿島アントラーズの一戦は、2-1で鳥栖が勝利した。

 両チームのメンバーは以下のとおり。

ホームチーム/鳥栖
スタメン)
GK:朴一圭 DF:ファン・ソッコ、エドゥアルド、中野伸哉 MF:飯野七聖、樋口雄太、松岡大起、仙頭啓矢、中野嘉大、本田風智 FW:山下敬大
サブ)
GK:守田達弥 DF:田代雅也、大畑歩夢 MF:小屋松知哉 FW:石井快征、ドゥンガ、林大地

アウェーチーム/鹿島
スタメン)
GK:沖悠哉 DF:広瀬陸斗、犬飼智也、町田浩樹、永戸勝也 MF:三竿健斗、レオ・シルバ、松村優太、白崎凌兵 FW:土居聖真、荒木遼太郎
サブ)
GK:クォン・スンテ DF:杉岡大暉 MF:ディエゴ・ピトゥカ、遠藤康、小泉慶、永木亮太 FW:上田綺世

 立ち上がりから両チームとも攻守に素早いトランジションを見せるなか、鳥栖は横幅を上手く使いながら攻撃を仕掛け、鹿島はシンプルに前に運んでゴールを目指す。

 先手を奪ったのは鹿島。14分、三竿のリスタートから土居がつないで松村へ。受けた松村は思い切り右足を振り抜くと、放たれたボールは相手DFにあたってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。

 1点を追いかける鳥栖はテンポの良いつなぎも見せながら反撃の糸口を探っていく。だが、相手の組織的な守備をなかなか崩せない。前半は鹿島リードの1-0で折り返す。
 
 迎えた後半、鳥栖が追いつく。左サイドを突破した中野のクロスを相手GKが弾いたところに、詰めていた山下が確実に押し込んでタイスコアに戻す。

 さらに山下は72分、ゴール前の混戦からネットを揺らすシュートも、その前のプレーがオフサイドの判定で得点ならず。だが79分、鳥栖が試合をひっくり返す。右サイドからのマイナス気味のパスを樋口がダイレクトで合わせ、低弾道の鋭いシュートを突き刺す。

 逆転に成功した鳥栖はその後、鹿島の反撃を凌いで2-1の勝利。鹿島は相馬体制となって初の黒星を喫した。

 次節の第16節、鳥栖は敵地で北海道コンサドーレ札幌と、鹿島はホームでセレッソ大阪と、それぞれ5月26日に対戦する。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】鳥栖の9番、山下が貴重な同点弾!
 
【関連記事】
【森保ジャパン最新序列】久保はセカンドトップの二番手に。大迫、遠藤、吉田らが不動
【U-24日本代表最新序列】オーバーエイジ3人の招集でスタメンはどう変わる? 激戦区の2列目は…
【セルジオ越後】オーバーエイジはDF2人にボランチ1人。森保監督は相手が上だと認めているよ
「可愛すぎてスタメン頭に入ってこない」鳥栖の先発11人、子どもたちが描いた似顔絵に喝采の声!
「悔しい」の一言では片づけられない強い感情に突き動かされて。鹿島守護神・沖悠哉、リベンジの時

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ