• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】鹿島5-3横浜|プロ初ハット達成の土居が文句なしのMOM。2得点のオナイウは「7」

【J1採点&寸評】鹿島5-3横浜|プロ初ハット達成の土居が文句なしのMOM。2得点のオナイウは「7」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月16日

鹿島――汚れ役を買って出た三竿

【警告】鹿島=常本(43分、86分)横浜=扇原(29分)、エウベル(41分)
【退場】鹿島=常本(86分)
【MAN OF THE MATCH】土居聖真(鹿島)

画像を見る

[J1第14節]鹿島5-3横浜/5月15日/県立カシマサッカースタジアム

【チーム採点・寸評】
鹿島 7
先制されながらも前半のうちに追いつき、後半の立ち上がりに畳みかけ、一気に勝利を手繰り寄せた。終盤に失点を重ねてしまったものの、90分間アグレッシブに戦う姿勢を失わず、11戦負けなしの横浜をねじ伏せる。

【鹿島|採点・寸評】
GK
31 沖 悠哉 6
勝ちきったとはいえ、GKとしては3失点に喜びも半減か。失点後にボールをなかなか離さず、もどかしさや悔しさ、いらだちなど、複雑に入り混じった感情を垣間見せた。

DF
32 常本佳吾 6
一瞬たりとも気の抜けない韋駄天の前田に食らいついた。こうしたインテンシティの高い実戦経験が必ずや血となり、肉となるはずだ。イエローカード2枚による退場は猛省すべきだし、もったいない。終了間際で大勢に影響はなかったとはいえ、せっかくのハイパフォーマンスも台無しになりかねない。

DF
39 犬飼智也 6
ロングフィード一発で招いた12分のピンチを冷静に対処。ハンドにならないよう、体勢を整え、シュートをはね返した。
 
DF
28 町田浩樹 6
先制点を奪われたシーンでは、サイドでのワンツーパスに後手を踏み、あっさりクロスを許したのは課題が残る。だが、90分を通してのパフォーマンスはマイナス査定とまではいかないだろう。

DF
14 永戸勝也 6
1対1でのシュートブロックやワンツーパスで自身の背後を取られそうな時にそれを阻止。この日は守備面での奮闘が光った。

MF
4 レオ・シルバ 6.5
開始早々に相手FWエウベルとの激しいデュエルは見応え十分。前半終了間際には左クロスをニアサイドから右足ボレーでコースを変えた。惜しくも得点にならなかったが、バーを直撃し、会場を沸かせた。

MF
20 三竿健斗 6
勝つために汚れ役を買って出た。“いざ”となったらファウルも辞さず、身体をぶつけて、相手の行く手を阻んだ。

【J1第14節PHOTO】鹿島5-3横浜|土居、土居、土居! からの~、荒木!上田!!大量5得点で鹿島が点の取り合いを制す!!
 
【関連記事】
「今日は和製ジーコということで」鹿島の土居聖真、“28年前の再現”圧巻ハットに喜びもひとしお
誰が出ても、変わらぬ強さ。相馬監督が描いたイメージが具現化されつつある鹿島は、まだまだ強くなる
土居、土居、土居! さらに荒木、上田も! 鹿島が圧巻のゴールショーで横浜をねじ伏せる!
「どんだけカッコいいんだよ」横浜・喜田拓也の人柄と金言に反響続々!「好きにならざるを得ない」
【横浜】20年以上の歴史を誇る「サッカー食育キャラバン」がスタート。今年度は200校以上で実施予定

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ