【横浜】20年以上の歴史を誇る「サッカー食育キャラバン」がスタート。今年度は200校以上で実施予定

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月13日

「子どもたちが健やかに成長することを願っています」

長い歴史を持つ「サッカー食育キャラバン」が今年度もスタート。クラブのコーチが横浜市内の市立小学校を巡回し、サッカーの楽しさ、食の大切さを伝えていく。(C)Y.F.M.

画像を見る

 一般社団法人F・マリノススポーツクラブ(代表理事:宮本功)は、ホームタウンである横浜市で平成8年から始めた「サッカー食育キャラバン」を今年度も実施。5月12日にスタートさせた。

「サッカー食育キャラバン」は、子どもたちに「①スポーツで身体を動かす楽しさを体験してもらう」「②サッカーの楽しさを体験してもらう」「③サッカーを通して、体力・運動能力の向上を図る」「④食事の大切さを伝える」ことを目的とした活動だ。クラブのコーチが横浜市内の市立小学校を巡回し、3時間目・4時間目の時間を使い、子どもたちと一緒にサッカーを楽しみ、その後給食を一緒に食べることで「食の大切さ」(※)を伝えていく。

 平成8年にスタートして以降、これまでに累計で4,400回以上の回数を実施し、38万人以上の子どもたちが参加している。今年度は、5月12日の東中田小学校(泉区)、山王台小学校(磯子区)、東俣野小学校(戸塚区)、汐見台小学校(磯子区)、さわの里小学校(磯子区)を皮切りに、実施の要望があった200を越える学校(市内市立小学校のおよそ6割)を2月末までに巡回する予定だ。
 
 同クラブの望月選理事は「このサッカー食育キャラバンを通じて、ホームタウンの子どもたちに健康と食の大切さを伝え、子どもたちが健やかに成長することを願っています」とコメント。「20年以上続けている活動ですが、今後も長く続けていきたいと考えています」と、このプロジェクトのさらなる普及と発展を誓った。

※=感染症対策を徹底して実施。給食を一緒に食べることはせず「サッカーのみ」の実施となる学校もある。また新型コロナウイルスの影響により実施校は減る場合もある。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【J1第13節PHOTO】横浜2-0神戸|緊急出場の天野純が躍動!横浜が神戸との上位対決制し、リーグ戦4連勝を飾る!
 
【関連記事】
浦和のユンカー、鹿島のピトゥカ…今季J1の新助っ人で要注目選手は?【識者厳選の5人】
【岩本輝雄】人生初のピッチサイドシートでの観戦! 間近で見たアマジュンやイニエスタの美技
「無邪気に喜ぶボスがかわいくて」横浜ポステコグルー監督の歓喜の姿に反響!「twitterのGIFにほしい」
横浜を4連勝に導く追加点! 天野純が「初めてで驚いた」途中出場&途中交代に指揮官は?
「どんだけカッコいいんだよ」横浜・喜田拓也の人柄と金言に反響続々!「好きにならざるを得ない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ