徳島が敵地で5試合ぶりの白星! 岸本武流の決勝弾で広島を1-0撃破、ポヤトス監督J1初勝利!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月15日

岸本の今季3点目で徳島が先制

岸本が今季3点目となる先制弾を決める。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは5月15日、各地で14節の8試合を開催。エディオンスタジアム広島では、サンフレッチェ広島対徳島ヴォルティスの一戦が行なわれ、徳島が1対0で勝利を収めた。

 試合は0-0で迎えた63分、徳島の岸本武流を起点にカウンターを発動する。最前線でパスを受けた垣田裕暉が周囲を見渡しながらラストパスを供給。これに反応して抜け出した岸本が広島GK大迫敬介との1対1を冷静にループショットで制し、ネットを揺らす。徳島が先制した。

 その後は広島が怒涛の反撃。終了間際の87分には東俊希のシュートがポストを直撃。さらに、89分の森島司のヘディングシュートはクロスバーを叩き、得点とはならない。
 
 結局、試合は1対0でタイムアップ。最後は徳島が逃げ切り、勝点3をモノにした。徳島は5試合ぶりの勝利で、勝点を17に伸ばし、ダニエル・ポヤトス監督が指揮を執って初めての勝利となった。一方の広島は勝点21にとどまっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「このカウンターは惚れる」7戦ぶり勝利の広島、電光石火の逆襲から勝ち越し弾! 代表ボランチの一発に脚光
「リスタートのポイント違っていた」仙台・手倉森監督、決勝点献上シーンに疑問も不服唱えず「それも福岡の勢い」
土居、土居、土居! さらに荒木、上田も! 鹿島が圧巻のゴールショーで横浜をねじ伏せる!
なぜ大阪ダービーを延期せず無観客で実施したのか。原副理事長が語る「コロナ禍での日程調整の難しさ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ