「リスタートのポイント違っていた」仙台・手倉森監督、決勝点献上シーンに疑問も不服唱えず「それも福岡の勢い」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月15日

いったんはオフサイド判定もVARチェックの末にゴールが認められ、決勝点に

手倉森監督は、ゴールシーンは福岡の勢いを証明する出来事と捉えた。写真:田中研治

画像を見る

 ホームで勝利を逃した指揮官は努めて冷静に相手の勢いを讃えた。

 J1リーグ14節のベガルタ仙台対アビスパ福岡は5月15日、ユアテックスタジアム仙台で行なわれ、福岡が終了間際の渡大生の移籍後初ゴールで1対0と勝利を収めた。福岡は5連勝で勝点を25に伸ばした。一方の仙台は同7でいまだ降格圏を抜け出せていない。

 試合後、仙台の手倉森誠監督は、「4連勝で入ってきた福岡の勢いがそのままゲームに出た。それでも我々がしっかり対抗してみせた中での1失点だった」と、好調の福岡に対して粘り強さを見せた戦いぶりを振り返った。

 しかし、決勝点の場面はいったんはオフサイド判定とされたものの、VARチェックが入り、得点が認められる展開に。これには、「リスタートからボールが止まっていない状況から始められて、ゴールのシーンはVARで、というところで、審判も画面を見ずにゴールが決まって。でもそのリスタートのポイントも違っていたというところを考えれば、それでもそういう風に福岡に転がるというところが今の福岡の勢い、持ってるチームの出来事だろうなと。自分たちはまだ、下で苦しんでる状況のなかで、何かやっぱり勝ち運に恵まれていないなという感覚でいる」と判定に疑問を抱きつつも不服は唱えず、それもまた福岡の勢いと捉えた。

 また、手倉森監督は過密スケジュールのなかで奮闘した選手たちに手応えも得たようだ。
「中2日でこのゲームを迎えた我々と1週間空いた福岡、それでもホームで連勝を果たすべく力を尽くしてくれたベガルタの選手たちを讃えたい」

 ホームで2勝目とはならなかったが、指揮官は「連戦のタフな状況のなかでもホームで勝ってみせなければいけないし、常にホームで勝てれば上昇につながるので、それを育むホームでの連戦になる」と、今後も続く本拠地での連戦(5月19日:ルヴァン杯・広島戦、同22日:リーグ15節・大分戦)に目を向けていた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
好調福岡が劇的弾で5連勝&暫定5位浮上! 移籍後初弾が決勝点の渡大生、謙虚に「僕らは下のチームなので…」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「僕はイニエスタの偉大さをずっと…」アビスパ福岡スウェーデン人DFが母国メディアに語った日本での生活
土居、土居、土居! さらに荒木、上田も! 鹿島が圧巻のゴールショーで横浜をねじ伏せる!
名古屋が今季12度目の無失点ゲーム!柿谷弾とマテウスの2発で清水に勝利。キャプテン丸山が負傷交代のアクシデントも…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ