横浜FCが14試合目で待望の今季初白星! 前嶋&松浦の2発で湘南との“神奈川ダービー”を制す

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月15日

開始わずか5分に幸先よく先制!

前嶋が立ち上がりに貴重な先制ゴールを挙げた。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは5月15日に、第14節の8試合を開催。ニッパツ三ツ沢球技場では、“神奈川ダービー”となる横浜FC対湘南ベルマーレの一戦が行なわれ、2-0で横浜FCが快勝を収めた。

 試合は立ち上がり早々に横浜FCが先制。5分、こぼれ球をペナルティエリア手前で拾った前嶋洋太が左足を振り抜くと、グラウンダーのシュートがGKの逆を突いてゴール右に突き刺さる。前嶋にとっては、これが嬉しいJ1初ゴールとなった。

 一方で湘南は31分に、右CKからのゴール前の混戦に岡本拓也が詰めてネットを揺らすも、VARチェックの末、岡本がGKの足を蹴ったことによるファウルの判定で得点とはならなかった。

 最終ラインから丁寧に繋いでゴールを目指すホームチームは、ボールこそ握ったものの湘南の激しいプレスに苦戦し、なかなか敵陣深くまで持ち込めない時間が続いた。それでも51分には、自陣からのビルドアップで最後はクレーベがシュートを放つなど、徐々にリズムを取り戻す。
 
 すると65分、素早いリスタートで一瞬の隙を突いた味方からのスルーパスに抜け出した松浦拓弥が、飛び出してきたGKの動きを見て、冷静に右足を振り抜き貴重な追加点を奪う。

 湘南はその直後の67分に、前節ゴールを挙げているウェリントンを投入して攻勢を強める。しかし、気迫のこもった守備で最後まで無失点に抑えた横浜FCが、今季14試合目にして待望の初勝利を手にした。なお湘南は9試合ぶりの敗戦となっている。

 次節はルヴァンカップを挟み5月22日にともにアウェーで、横浜FCが川崎フロンターレと、湘南はアビスパ福岡と第15節を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「僕はイニエスタの偉大さをずっと…」アビスパ福岡スウェーデン人DFが母国メディアに語った日本での生活
「登場人物全員最高」終了間際の審判団と選手の判定を巡るやり取りに大反響!「何回見ても笑う」
東京五輪の登録メンバー18人を識者が大予想!「2列目の3人は当確。残り1枠を三笘と相馬が争い…」
「サンチェで二度見した」「ガンバボーイのコスプレ感」Jリーグを盛り上げるマスコットの変貌ぶりに脚光!
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ