マンCが2年ぶり7度目のプレミア制覇!カラバオ杯に続き今季2冠、マンUが敗れて決定

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月12日

19歳のグリーンウッドが同点ゴールも…

マンUが敗れたことで、マンCのリーグ制覇が決定した。(C)Getty images

画像を見る

 現地時間5月11日にプレミアリーグ第36節が開催され、2位のマンチェスター・ユナイテッドは4位のレスターとホームで激突し、1-2で敗戦。マンチェスター・シティの2年ぶり7度目のリーグ制覇が決まった。

 立ち上がりから鋭い出足を見せるレスターに押し込まれるなか、試合が動いたのは10分。トーマスに絶妙なボレーで叩きまれ、先制を許してしまう。U-20イングランド代表DFは、これがプレミアリーグ初ゴールとなった。

 ユナイテッドは5分後に即座に反撃。グリーンウッドがゴール前でパスを受けると、個人技で相手を翻弄し、最後は絶妙なコントロールシュートでネットを揺らした。前節にウェイン・ルーニーの持つ、10代でのリーグ通算得点数のクラブレコードを16に更新した19歳のイングランド代表FWは、2戦連発となった。

 同点に追いついたホームチームは、一気に逆転まで行きたいところだったが、再び相手にボールを持たれる時間が多くなり、なかなかチャンスを作り出すことはできない。

 前半アディショナルタイムにはゴール前の危ない位置でFKを与え、ティーレマンスに右足でシュートを放たれるが、壁がきっちりブロックし、事なきを得る。前半は1-1のドローで終える。
 
 迎えた後半もレスターのペースは試合が進み、59分にはイヘアナチョにゴール至近距離からシュートを浴びるも、ここは久々にリーグ戦で先発したGKデ・ヘアの好守で、何とか窮地を脱する。

 流れを変えたいユナイテッドは65分に、カバーニとラッシュフォードを2枚同時投入。明確に攻撃のスイッチを入れる。

 しかしその1分後、CKからチャーラル・ソユンジュにヘディングで被弾。逆に勝ち越しゴールを奪われてしまう。

 このまま敗れれば、宿敵の優勝が決まってしまう状況のなか、その後ホームチームは必死に同点ゴールを目指すが、結局追いつくことはできず、1-2で敗れた。

 この結果、ユナイテッドは残り3試合で首位のシティの勝点を上回ることが不可能となり、シティの2年ぶり7度目のリーグ制覇が決定。カラバオ・カップと合わせ、今シーズン2冠となった。今月29日には3冠目をかけ、チェルシーとチャンピオンズ・リーグ決勝を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のマンC・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!
【関連記事】
「日本は彼の心を捉えた」イニエスタの契約延長をスペイン・メディアも相次いで報じる!「引退後も神戸との関係を願っている」
「サカイよ、日本人選手も悪くなかった」J復帰報道の酒井宏樹、仏メディアがマルセイユ退団を惜しむ「闘志と使命感は誰よりも輝いていた」
「奇妙だ。不動のスタメンだったのに…」吉田麻也の“降格”を 現地専門サイトも疑問視「彼の貢献は大きかった」
マンU守護神デ・ヘアが日本の大人気アニメを用いて意味深投稿…「現状に不満?」ファンの間で憶測広がる
「味方からも肘打ちが当たり前」元韓国代表アン・ジョンファンがペルージャ時代の苦悩を告白!「練習は殺し合い、狂っていた」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ