ユンカーの公式戦2戦連発弾と阿部勇樹の美麗なFKで浦和が仙台を2-0撃破!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月09日

浦和はホーム埼玉スタジアムでは4連勝

リーグ戦初出場でゴールを決めたユンカー。写真:滝川敏之

画像を見る

 J1リーグは5月8日、各地で13節の7試合を開催。埼玉スタジアム2002で行なわれた浦和レッズとベガルタ仙台の一戦は、2-0でホームの前者が勝利を収めた。

 浦和は0-2で敗れた前節・アビスパ福岡戦から3人を変更。直前に行なわれた5月5日のルヴァンカップ・柏レイソル戦で初出場&初ゴールを記録したキャスパー・ユンカー、GK鈴木彩艶、阿部勇樹を先発で起用した。

 前節・柏戦で2019年11月30日以来となるホーム勝利を挙げた仙台は、真瀬拓海、赤﨑秀平が外れ、蜂須賀孝治、氣田亮真が入り、古巣戦となったマルティノスはベンチスタートとなった。

 試合は、序盤ホームの浦和がビルドアップのミスから仙台にチャンスを与える。

 2分に関口にボールを奪われ、氣田に持ち込まれる。10分にCKを与え、西村拓真にシュートを許す。しかし、この日スタメンのGK鈴木の好セーブもあり無失点に抑える。

 すると15分、浦和は武藤雄樹とユンカーのコンビネーションでシュートまで持ち込むがヘディングシュートはクロスバーの上に。次第にパスワークにリズムが生まれた浦和がボールを保持する展開が増える。
 
 0-0で迎えた58分、浦和は再び前線のコンビネーションから仙台ゴールに迫る。

 2列目でボールを受けた武藤が小泉佳穂とワンツーで中央を突破し、右に開いたユンカーへラストパス。このお膳立てからユンカーが落ち着いてゴール左に決め、浦和が先制に成功する。ユンカーはリーグ戦初得点、ルヴァンカップの柏戦から続き公式戦2連発となった。

 さらに攻撃機会を増やす浦和は、相手ゴール付近でボールを受けた小泉が華麗なトラップで抜け出し、ファウルを誘発。これで得たFKを阿部勇樹が直接決め、75分にリードを広げた。阿部は今季3ゴール目となった。

 その後も、古巣戦となったマルティノスらを投入した仙台に反撃を許さず2-0でリードを守り試合終了を迎えた。

 この結果、ホーム4連勝となった浦和は勝点を20に伸ばし、仙台は同6のままとなった。

 次節、浦和は5月16日に敵地でガンバ大阪と激突。仙台は、12日に川崎フロンターレと第20節の前倒し開催後、15日にホームで福岡と対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
見事なコントロールから冷静な一撃!「絶対に負けられない試合」で浦和・関根貴大が値千金の同点弾!
「もともとアジアでプレーしたかった」浦和の新助っ人FWユンカーが日本を新天地に選んだ理由
「クリロナよりとんでる!」槙野智章、躍動感溢れるヘディング時の美フォームに大反響!「筋肉すごっ」
「面白い儀式」「ふたりとも素敵」浦和・槙野智章と武藤雄樹の“ルーティン”動画にファン大反響!
元浦和の赤星貴文が現役復帰!営業職兼プレーヤーとして地元静岡県富士市の社会人チームと契約

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ