【J2】新潟は松本とスコアレスドローも無敗を続け首位堅持!勝利した3位京都が勝点4差に迫る混戦模様に

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月09日

千葉は今季初の複数得点で岡山を下す

千葉は、サウダーニャ(左)の来日初ゴールなど4得点で岡山を下した。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J2リーグは5月9日、第13節の10試合を各地で開催。首位新潟が引き分け連勝が3でストップするものの、開幕からの無敗を13に伸ばし、首位を堅持。3位の京都が勝利、2位琉球が前日引き分けており、上位3チームが勝点4差に詰まる混戦模様となってきた。

 首位の新潟はホームで松本と対戦。ボールを保持する新潟に対して、松本はディフェンスラインを高く設定し、中盤をコンパクトに保ち対応した。攻め込む新潟だったが、ビルドアップの隙を突かれ16分には松本の横山歩夢にハーフウェーライン付近からロングシュートを、さらに右CKの流れから下川陽太にクロスバー直撃のシュートを打たれるなど危ない場面も見られた。一方で谷口海斗が強烈なシュートを放つものの、枠を捉えられず。

 結局決め手を欠いた両チームはスコアを動かすことが出来ず、0-0でタイムアップを迎えた。両チームとも連勝は3でストップ。勝点1を分け合い、新潟は同33、松本は同17とした。

 3位の京都は、ホームで山形を迎え撃つ。32分にヨルディ・バイスが敵陣内へドリブルで持ち上がり縦パスを供給。ピーター・ウタカ、武田将平と繋いだボールを最後は左からフリーでペナルティエリア内に侵入してきたMF荒木大吾がGKとの1対1を冷静に沈め、先制に成功する。荒木は今季初先発で初ゴールとなった。その後も相手の攻撃を高い強度の守備で防ぎスコア1-0のまま試合終了を迎えた。京都はこれで8戦負け無し。勝点を29に積み上げ、首位新潟に4ポイント、2位琉球に1ポイント差に迫った。
 
 12試合を終えて12位、8得点と得点力不足に苦しんでいた千葉と、同じくチーム総得点9と一桁だった岡山の対戦は得点の奪い合いとなった。22分にサウダーニャの来日初ゴールで千葉が先制すると、岡山も25分に川本梨誉が左足を振り抜き、試合を振り出しに戻すゴールを挙げる。

 直後の27分、GKがパンチングしたボールに詰めた小田逸稀が強烈なシュートを突き刺して再び千葉がリードを奪うと、49分に船山貴之、85分に見木友哉がゴールを決め千葉が4得点。岡山の反撃を90分の疋田優人に決められた1点に抑え、4-2で千葉が勝利を収めた。千葉は今季初の複数得点を記録し、ホーム初勝利&リーグ2連勝となった。

【J2第13節PHOTO】千葉4-2岡山|千葉が攻撃陣躍動で4得点!岡山を下し、今季ホーム初勝利を飾る!

 そのほか、秋田対磐田、相模原対町田、水戸対栃木、群馬対大宮がそれぞれ1-1のドロー。甲府が東京Vに2-0、長崎が北九州に1-0でそれぞれ勝利を収めている。

 J2リーグ13節の結果は以下の通り。

【5月9日開催】
秋田1-1磐田
相模原1-1町田
水戸1-1栃木
千葉4-2岡山
甲府2-0東京V
新潟0-0松本
金沢0-1山口
京都1-0山形
群馬1-1大宮
北九州0-1長崎

【5月8日開催】
愛媛1-1琉球

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ