「ここで出来れば素晴らしい」英首相がCL決勝の自国開催を熱望!運輸相はコロナ憂慮「トルコに行くべきではない」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月08日

最有力候補はウェンブリーだが…

ビッグイヤーを掲げる地は、一体どこになるのか。(C)Getty Images

画像を見る

 チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝は、現地時間5月29日にトルコ・イスタンブールで、マンチェスター・シティとチェルシーというプレミアリーグ勢同士のカードで、有観客で予定されている。

 ただ、決戦の地トルコでは新型コロナウイルスの感染状況が深刻化しており、イギリスがレッドリストへの掲載を決定したことから、一気に開催地変更の可能性が高まってきた。同リストは5月17日に正式に発効され、3週間は見直されないという。

 これを受け、イギリスのグラント・シャップス運輸相は記者会見で「ファンはトルコに行くべきではない」と警告した。

 そしてボリス・ジョンソン首相は『The Sun』に対し、「CLはフットボールの欧州クラブの頂点。イングランドの2チームが決勝に進出するなかで、ファンが観戦できないのは非常に残念」と率直な感想を伝えたうえで、「もしここで開催出来れば素晴らしいね。自分のチームの活躍を見られるよう手助けをしたい」と自らの意思を表明。ワクチン接種が進み、感染者数の鈍化傾向にある自国での開催を熱望した。
 
 イングランド決戦となれば、“聖地”ウェンブリーが最有力候補として挙げられるが、当日は同地で2部の昇格プレーオフの決勝が行なわれるため、開催は微妙。他の候補にはマンチェスターとロンドンのほぼ中間に位置しているアストン・ビラの本拠地、ビラ・パークなどが挙げられている。

 3週間後、大注目の一戦は、一体どこで繰り広げられるのだろうか。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【PHOTO】ドリームチーム撃破、イスタンブールの奇跡、マドリーの3連覇etc...CL歴代王者の戴冠シーンを一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ