「トルコのクラブが動き出した」トルコ1部トランザスポルが浅野拓磨に関心か? 現地メディアが報じる

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月07日

「希望している欧州に近い」

パルチザンとの契約を解除し、フリー状態となった浅野。新天地にトルコが浮上している。 (C)Getty Images

画像を見る

 5月2日、度重なる給与の未払いなどを理由に、自身のブログとSNSでセルビア1部パルチザンとの契約解除を発表した浅野拓磨。その新天地は、トルコになる可能性があるようだ。トルコ・メディア『Haber Mat』が7日付けで報じている。

 今シーズンに18ゴールを記録し、パルチザンの攻撃を牽引する存在だった浅野の突然の離脱はクラブ側にも衝撃を与え、国際サッカー連盟(FIFA)の管轄組織に提訴すると反論。元同僚からも批判的な声が上がるなど、小さくない騒動になっている。

 そんななか、浅野の新天地にトルコが浮上しているようだ。『Haber Mat』によれば、同国1部のトランザスポルが興味を示し、「トルコのクラブが動き出した。話し合いの場を設ける準備をしている」という。

 浅野については、今夏の移籍を巡ってクラブ側と意見が食い違っていたとされる。ある中東のクラブへの移籍を進めたいパルチザンと、ヨーロッパでのプレーを望む選手側の意見が対立していたことも、退団に至る一因であったとも報じられている。
 
 セルビア紙『Republika』もトルコ・メディアの報道を引用してこの一報を伝え、「トルコリーグで現在4位のトランザスポルは、今シーズン公式戦40試合で21ゴール・10アシストを記録したアサノの得点力に期待しているようだ」と綴っている。

「アサノは欧州5大リーグでのプレーを望んでいるといわれており、トルコはその範疇ではない。だが、セルビアよりもクオリティは高く、ヨーロッパの各コンペティションに一歩近づくことができるのは間違いないだろう」

 現地メディアによれば浅野はすでにセルビアを離れ、日本に帰国しているとも報じられている。果たして快足アタッカーの新天地はどこになるのか、セルビアでもその動向を注視しているようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ