【ルヴァン杯】FC東京の首位通過が決定!勝点で並ぶ神戸、徳島、大分が最終節で残り1枠を争う|Bグループ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月05日

最終節はFC東京と大分、徳島と神戸の対戦カード

カカの来日初得点で徳島が土壇場で追いついた。写真:徳原隆元

画像を見る

 ルヴァンカップは5月5日、グループステージ第5節の8試合を各地で開催。FC東京の突破が決まっているBグループでは、2試合とも引き分けに終わり、勝点1を得たFC東京の首位通過が決まった一方で、神戸、大分、徳島の3チームが同5で並ぶ混戦模様となっている。

 首位のFC東京は敵地で神戸と対戦。どちらも決め手を欠きスコアレスドローに終わった。

 FC東京は前節に貴重な来日初ゴールを決めたDFブルーノ・ウヴィニらが先発。また後半頭からアダイウトン、アルトゥール・シルバら助っ人陣を投入。さらに56分に品田愛斗を投入して変化をつけようとするものの、決定機は作れず。

 一方の神戸は、リンコン、アユブ・マシカらをフル出場させ、ベンチスタートとなったアンドレス・イニエスタ、山口蛍、酒井高徳を64分に投入し、勝負を決めにいったが、ネットを揺らせなかった。
 
 大分はホームに徳島を迎えた。立ち上がりはアウェーの徳島にボールを握られるものの、14分に右CKから髙澤優也が押し込み大分が先制する。プレスもハマり、ボールを握る時間が増えた大分が再び相手ゴールに迫る。しかし、27分の髙澤のシュートは右ポストに当たり、後半立ち上がりに続けて獲得したCKも相手に防がれる。

 すると、64分、75分と続けて5枚全ての交代カードを切った徳島が捨て身の反撃に出る。次第に攻撃機会を増やすと、84分、MF渡井理己が蹴ったCKから、DFカカが頭で合わせ徳島が終盤に同点に追いつく。その後はスコアが動かず、結局1-1の引き分けに終わった。

 この結果、BグループではFC東京が1位通過を決めた一方で、神戸、徳島、大分の3チームが勝点5で並ぶ混戦に。

 5月19日に行なわれるグループステージ最終節はFC東京と大分、徳島と神戸がそれぞれ対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
「君の夢はなんだ?」本田圭佑、“こどもの日”に発信した熱いメッセージに反響!「大人にも響く」「重みが違う」
『甘いマスクの選手』でベストイレブン結成!「ヴェルディの元所属選手も含めると3人も選出されてる!」
「かわいい」「小さい時から丸坊主」J公式が選手の幼少期の写真を連続投稿!少年時代から18番で躍動するドリブラーは?
「彼らなしでは不可能」マンC史上初のCL決勝進出にペップが感動メッセージ。「共に分かち合いたい」
「可愛く清純な美貌」柴崎岳の妻・真野恵里菜さんに韓国メディア注目!「スペインで内助に力を入れている」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ