「なぜそこに?」川崎、DF山根視来のボレー弾に大反響! 首位攻防戦での一発に「ポジショニングが変態すぎて…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月04日

三笘薫の仕掛けからニアサイドに入り込み鮮やかなボレーシュートを決める

川崎は山根がチーム2点目を決めた。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 日本代表にも選出された右サイドバックが決めた一発がファン・サポーターの反響を呼んでいる。

 J1リーグの天王山第2戦となった12節の川崎フロンターレ対名古屋グランパスの一戦は、川崎が3点先行から1点差に迫られるものの、3対2で逃げ切り、4月29日のアウェー戦に続き2連勝を飾った。

 この試合で川崎が一気にペースを掴んだのが、50分の2点目だろう。右サイドでパスを受けた三笘薫がそのままドリブルで加速すると、マークを引きはがして中央へ折り返し。これをゴール中央へ走り込んだ右サイドバックの山根視来が右足ボレーで叩き込み、川崎に待望の追加点をもたらした。

 本来DFの山根が、流れの中から敵陣の最前線にまで進出して決めたゴールには、驚きの声が多数上がっている。SNS上ではファン・フォロワーが「なぜそこに山根がいる?」「そこに山根!」「山根の位置意味不明で草」「山根の嗅覚凄い」「家長と山根のポジショニングが変態すぎて混乱するわ」などとコメントを寄せた。
 

 ゴールシーンの映像を見ると、チャンスは山根の攻撃参加が起点。山根はそのまま前線に攻め残っており、三笘がサイドを突破すると同時にゴール前のスペースへと動き出している。三笘の鋭いドリブル突破と、山根のゴールへの嗅覚がもたらした得点と言えそうだ。

 川崎は14戦負けなしで、2位の名古屋に勝点9差をつけて首位の座を盤石なものとしている。J1連覇へ、川崎が早くも独走態勢を築いている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「なぜそこに?」三苫薫の仕掛けからDF山根視来のボレー弾!
【関連記事】
【J1採点&寸評】川崎 3-2 名古屋|MOMは3選手で悩むが…名古屋のマテウス、森下も好インパクト
「歴史に残る」「軌道がエグすぎる」名古屋、マテウスの直接FK弾に称賛の嵐! ドライブシュートで王者を苦しめる
川崎、首位攻防戦2連勝! 名古屋に3-2逃げ切り勝ちで勝点差は「9」に。開幕14戦負けなし!
「止めるのどこのチームよ…」「強すぎ」川崎が2戦目の“首位攻防戦”で1点を先取!王者の風格にファンも驚愕
「怒涛の山根連打」ベストアシスト集で名手たちの美技に賛辞の声!「水沼のクロス好きだなぁ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ