「止めるのどこのチームよ…」「強すぎ」川崎が2戦目の“首位攻防戦”で1点を先取!王者の風格にファンも驚愕

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月04日

川崎が少ないチャンスをものにして1点をリードした

川崎がジェジエウのヘディング弾で、名古屋相手に先制に成功している。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは5月4日、2連戦となった“首位攻防戦”川崎フロンターレ対名古屋グランパスの2試合目が等々力陸上競技場で行なわれ、川崎が1点をリードして前半を折り返した。

 4月29日に行なわれた1戦目では、終始主導権を握って4-0の完勝を収めた川崎。しかしこの日の立ち上がりは、名古屋のシンプルな攻撃に苦戦し、ボールを握られる時間を多く作られた。

 それでも31分、左CKを獲得すると、キッカー・田中碧のクロスにファーサイドでジェジエウが反応。ヘディングで叩きつけたボールは相手GKの手をかすめてゴール右に吸い込まれた。
 
 苦しい展開となりながらも、セットプレーをしっかりと決め切ってリードした川崎の王者の風格に、SNS上ではファンからも驚きの声が上がっている。

「川崎…強いな」
「ジェジェウ選手のどんピシャヘディングお見事!」
「強すぎだろ、川崎さん」
「止められねーよ」
「名古屋はシーズンダブルを食らってはチームのダメージは大きい」
「川崎止めるのどこのチームよ…」
「今日のグランパスは強い、けどそこから先制点を取るのか川崎は」
「思うようにゲーム進められなくてもセットプレーで点取れちゃうんだもん」

 川崎は、この1点から自分たちのリズムを取り戻し、再三好機を創出。1点をリードして前半を返した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】ジェジエウのヘディング弾で先制! 川崎が少ないチャンスをものにする

【J1第12節PHOTO】川崎3-2名古屋|天王山第2戦も川崎が勝利!!名古屋後半猛攻見せるも及ばず、勝点差9に広がる!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ