J1天王山第2戦、川崎がジェジエウ弾で先制! 名古屋を1点リードして後半へ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月04日

膠着した展開をセットプレーから打開。

天王山の第2戦、川崎はジェジエウのゴールで先制した。写真:サッカーダイジェスト

画像を見る

 J1リーグ12節の川崎フロンターレ対名古屋グランパスの一戦が5月4日、等々力陸上競技場で行なわれている。首位攻防の2連戦は、川崎が4月29日に行なわれた豊田スタジアムでの初戦(22節)を4-0で制し、中4日で舞台を川崎側のホームに移して開催。川崎が2連勝で2位の名古屋を突き放すのか、アウェーチームが初戦のリベンジを果たすのか、注目の一戦となっている。

 試合は、川崎が前戦と同じ先発メンバーで臨んだのに対し、名古屋は前戦からスタメン4名を入れ替えて臨んだ。前線には、柿谷曜一朗、相馬勇紀に代えて長澤和輝、前田直輝を先発に起用した。

 序盤から攻守の切り替えが早く、目まぐるしい展開が続くが徐々に川崎がボールを支配。敵陣へ押し込むが、名古屋も最終ラインの粘り強い守備からカウンターで押し返す。

 ゲームが膠着状態となりつつあるなか、先制したのは川崎だった。31分、CKのチャンスを得ると、田中碧のキックにジェジエウが頭で合わせ、ネットを揺らす。川崎が初戦に続き、先制した。
 
 前半は川崎が1点をリードして終了した。川崎は今季、開幕からいまだ負けがない。果たして、川崎がこのままリードを保ち、名古屋を突き放すのか。後半の行方に注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
川崎、首位攻防戦2連勝! 名古屋に3-2逃げ切り勝ちで勝点差は「9」に。開幕14戦負けなし!
「止めるのどこのチームよ…」「強すぎ」川崎が2戦目の“首位攻防戦”で1点を先取!王者の風格にファンも驚愕
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「鳥肌もんや」川崎のFW遠野大弥が大一番で決めた“強烈ミドル”に反響!「ヨーロッパの選手が蹴るシュート」
「ノッボーリ!」川崎助っ人FW、スローイン時の“雄叫びアピール”に脚光!「これは名シーンや」「ダミアン声高い」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ