オナイウがハット!横浜が3発快勝で10戦負け無し! 敗れたFC東京はリーグ4連敗に…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年05月01日

オナイウはここ3戦連発と爆発中!

ハットトリックを達成したオナイウ(左)はここ3戦で6ゴールの大暴れ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは5月1日、第12節の6試合を各地で開催。味の素スタジアムで行なわれたFC東京と横浜F・マリノスの一戦は3-0でアウェーの後者が快勝した。

 コロナ禍での緊急事態宣言を受けて、10か月ぶりの無観客となる「リモートマッチ」で開催された一戦で、現在リーグ3連敗中のFC東京は、右サイドに入った東慶悟がJ1通算300試合出場を達成、小川諒也が同100試合の節目を迎えた。前節からはスタメン2選手を変更。田川亨介を左のウイングに、内田宅哉が右SBに入った。

 一方の横浜は、現在2連勝中。さらに開幕の川崎フロンターレ戦以降9試合負け無しと好調を維持している。4-2-1-3のフォーメーションで、前節からは1名が交代。右SBに松原健が入った。

 試合は立ち上がり早々にアクシデント。喜田拓也のスルーパスに抜け出した前田大然と競り合ったSBの内田が転倒時に受け身が取れず右肩を負傷。1分立たずにピッチを後にしてしまう。交代で出場した蓮川壮大が右SBに入った。

 さらにFC東京は落ち着く間もなく横浜に失点を許す。エウベルに左サイドを深くまで抉られ、グラウンダーのボールから最後はオナイウ阿道に押し込まれ、8分に失点を喫してしまう。

 また、FC東京は43分、喜田と競り合った森重真人が倒れた喜田を蹴ってしまい警告を受ける。
 
 開始早々の得点以降、攻めあぐねていた横浜だったが、後半立ち上がりにビッグチャンスを迎える。

 48分にマルコス・ジュニオール、オナイウと繋ぎ最後はエウベルがペナルティエリア内でシュートを放つが、GK波多野豪のビッグセーブにあう。しかし52分、今度はエウベルが右サイドを抉りグラウンダーのクロスを送ると、先制点と同様に走り込んだオナイウが合わせ追加点をゲットした。

 続けて61分、M・ジュニオールのパスから左サイドに移っていたエウベルがシュートを放つ。GKに防がれるものの、こぼれ球をオナイウが押し込みハットトリックを達成。オナイウはここ3戦連発で前田と並ぶチームトップタイの8ゴール目となった。

【動画】オナイウ阿道がハットトリック達成!FC東京戦のゴールシーンをチェック!

 その後もペースを握った横浜はリードを保ったまま試合終了を迎えた。

 この結果、リーグ戦4連敗となったFC東京は勝点15にとどまり、3連勝を達成し、開幕戦以降10戦負け無しの横浜は同24に積み上げた。

 次節はそれぞれ5月9日に開催。FC東京は中3日でルヴァンカップのヴィッセル神戸戦を敵地で行ない、鹿島アントラーズのホームに乗り込む。横浜は、同じくルヴァンカップのサンフレッチェ広島戦後に、ホームで神戸を迎え撃つ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
FC東京デビュー戦で初ゴール!元セレソンCBブルーノ・ウヴィニが示した実力にファンも納得!「流石ですね」
【FC東京】苦境から抜け出すための鍵は? 助っ人のブルーノ・ウヴィニがついに…
横浜指揮官、18歳MF樺山のプロ初弾を讃える一方で意外な辛口評価も「まだまだベストのパフォーマンスではない」
技ありのプロ初弾!興國高卒の18歳MF樺山がテクニカルな一撃で魅了「得意なゾーンだったので…」
【ルヴァン杯】好調横浜、仙台に5発快勝! 公式戦13戦負けなしで盤石の首位固め

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ