• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1展望】1stステージ・11節|山形 -柏 |山形が“生命線”を頼りにホームで連勝できれば、柏に勝点で並べる

【J1展望】1stステージ・11節|山形 -柏 |山形が“生命線”を頼りにホームで連勝できれば、柏に勝点で並べる

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年05月09日

山形――好調の林は2戦連発なるか。柏――万全のコンディションでアウェー4勝目を狙う。

故障者/山形=山田、渡辺、宇佐美、伊東 柏=増嶋、桐畑
出場停止/山形=なし 柏=なし

画像を見る

J1リーグ1stステージ・11
 モンテディオ山形-柏レイソル
5月10日(日)/14:00/NDソフトスタジアム山形
 
モンテディオ山形
リーグ成績(10節終了時):16位 勝点9 2勝3分5敗 7得点・11失点
 
【最新チーム事情】
●「最初の1点を取ればどんどん取れるはず」と話していた林が、8節からの3試合で2ゴールと好調。古巣の柏戦に向けて気合いは十分だ。
●紅白戦では柏のポゼッションに対するプレスの掛け方をチームで確認。
●右ウイングバックは、キム・ボムヨンに代わり故障明けの高木純が先発か。

【担当記者の視点】
 前節の新潟戦はロスタイムの失点で引き分けたが、石﨑監督は試合を通しての守備と粘り強さを評価。8節の清水戦から3戦続けて負けなしとコンスタントに勝点を積み上げているのは、ポジティブな材料だろう。
 
 このところ好調なのが、CFの林。8節の清水戦に続き、前節の新潟戦でも素晴らしいヘッドでゴールを決めており、チームに良い流れを呼び込んでいる。
 
 流れのなかからあまりチャンスを作れずにいる現状では、セットプレーが貴重な武器になっている。実際、8節から3試合続けてCKから得点中。石川のキックは、今や“山形の生命線”と言えるかもしれない。
 
柏レイソル
リーグ成績(10節終了時):10位 勝点12 3勝3分3敗 14得点・12失点
※ACLの日程により1試合未消化

【最新チーム事情】
●ACLビン・ズオン戦は選手総入れ替えで臨み、主力を温存。
●ビン・ズオン戦は0-1で敗れるも、多くの若手に起用の目処が立つ。
●大津、狩野、中川が戦列復帰。近藤もベンチ入りし、選手層に厚みが増す。
 
【担当記者の視点】
 5月6日に行なわれたACLのビン・ズオン戦は、すでにグループステージ首位通過を決めていたとあって、選手を総入れ替えしてレギュラーメンバーを休ませた。4人の外国籍選手、大谷、栗澤、鈴木、武富は遠征に帯同せず、日本に残って調整。完全ターンオーバーにより、蓄積されていた疲労をかなり解消できたはずだ。
 
9節の清水戦では、明らかに疲労の影響で精彩を欠き、圧倒的に攻めながらもスコアレスドローに終わった。それだけに、今節の山形戦はリフレッシュした状態で臨める。
 
 また、ACLのビン・ズオン戦で大津、狩野、中川が復帰。なかでも大津と狩野は90分間プレーしており、山形戦のスタメンは難しいだろうが、膠着状態に陥った清水戦のように攻撃にアクセントを加えたい時にはジョーカー的な役割を担う。ベテランCBの近藤も出場こそなかったものの戦列に戻っており、課題がある守備を安定させるうえでも大黒柱の復帰は好材料だ。
【関連記事】
【J1採点&寸評】新潟×山形|終了間際に右足を一閃! 成岡のゴールで新潟が追いつく
【J1採点&寸評】柏×清水|攻撃の柏・守備の清水、我慢比べはスコアレスに終わる
2015 J1 1stステージ日程【7節~12節】
【セルジオ越後の天国と地獄】負けても“ドンマイ”では、結果はでないよ
【柏】良いサッカーから“勝つサッカー”への突き詰めを
【ACL】ラウンド16の日程決まる! 第1戦は柏、G大阪ともに敵地で

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ