「久保外し」と「食事会」がヘタフェ復調の要因? 主力を温存するための“プランB”へ降格する苦境に…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月28日

酷い状況に“震えていた”チームが…

ボルダラス監督(右)の原点回帰により、出番を失っている。(C) Getty Images

画像を見る

 久保建英が所属するヘタフェは、14日にレアル・マドリー(0-0)、18日にバルセロナ(2-5)と中3日でリーガ2強と対戦し、前者から貴重な勝点1を奪取(内容では上回っていた)。

 そして22日には、岡崎慎司がプレーする18位のウエスカとの残留争い直接対決に挑み、2-0で勝利した。降格圏の18位バジャドリーと5ポイント差の15位と、まだ安心はできないものの、一時のどん底からは抜け出した印象だ。

 スペイン全国紙の『AS』は、10日のカディス戦を0-1で落とし、ビッグ2との対戦を前に、酷い状況に“震えていた”チームが立ち直った要因を2つ挙げている。

 ひとつは、マドリー戦の前に開かれた食事会で、「残留という共通の目標がどの個人よりも価値があることを明らかにするのに役立った」と伝えている。交代を命じられた選手がホセ・ボルダラス監督に対して不満を露わにする場面も散見されたヘタフェだが、改めて結束力を高めたのだろう。

【動画】久保が2点に絡み、メッシは圧巻の2G1A!バルサ対ヘタフェのハイライト
 ふたつ目が、バルセロナ戦をいわば“捨て試合”にしたことだ。ローテーションと下部組織の選手の起用で、“プランA”の主力選手を休ませたことで、「昨シーズンまでのヘタフェのスタイルとフォームを取り戻せた。他の2つのゲーム(マドリー戦とウエスカ戦)で彼らのアイデンティティを回復した」と記事は指摘。ハイプレッシャーやダイレクトプレー、危機管理をするディフェンスといった長所が戻ってきたと伝えている。

 残念ながら、バルサ戦でフル出場をし、マドリー戦とウエスカ戦では出番がなかった久保は“プランB”ということだ。攻撃で違いを作り出せる選手として冬に迎え入れられたものの、この日本の至宝を外した状態でチーム復調するという、厳しい状況に陥っている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「クボにはひどい話だ」久保建英が身代わりでアーセナルへ? ESL離脱に激怒したペレス会長が“神童”の売却を拒否か
「クボの電撃ドリブルが霞んでいる」久保建英とバルサ有望株の1対1に現地注目!「彼の持ち味が…」
「タケは全ての資質を備えていた。ただ…」久保建英が“苦悩した”ビジャレアル時代を元同僚ペドラサが語る【独占インタビュー/前編】
「怒号が響き渡った」久保建英と対峙したバルサDFにクーマン監督がプッツン→即交代の非情采配!「やり過ぎだ」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ