不敗記録継続中の鹿島・上田綺世が全治3週間の離脱。24日神戸戦で右腕を負傷

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月26日

神戸戦の同点弾直後にベンチに退く

神戸戦、交代後にファンに挨拶する際も右手が上がらなかった上田。1日も早い復帰が望まれる。写真:徳原隆元

画像を見る

 鹿島アントラーズは4月26日、クラブの公式ホームページでFW上田綺世の負傷を発表。チームドクターの検査結果の報告があり、右肘関節内側側副靭帯損傷および右上腕骨裂離骨折で治療期間は3週間だという。

 上田は、24日のJ1リーグ11節・ヴィッセル神戸戦で先発。1点ビハインドの64分に三竿健斗からのパスを懐に呼び込むような膨らむ動き出しで受けると、ボールの置きどころ、そしてシュートと完璧な一撃を沈めた。

【動画】「完璧な一撃!」鹿島公式が投稿した、上田綺世の神戸戦同点弾!

 しかし直後の68分にベンチに下がると、ファンへの挨拶も右手が上がらず片手で応じていた。

 今季は開幕戦でフル出場したものの、その後怪我もあり、ここまで7試合出場、3ゴールにとどまっている上田。一方で、今季の3ゴールを含めプロ入り後に得点した試合では10勝3分で不敗を続けている。
 
 また、東京五輪世代でも長らくエースとして活躍してきたものの、近年怪我にも悩まされ、先日のU-24アルゼンチン代表戦では選外となっていた。

 治療期間3週間。復帰は早くとも5月15日のJ1リーグ14節、ホームでの横浜F・マリノス戦以降となる見込みだ。

 相馬直樹新体制となったチームにとっても、東京五輪代表チームにとっても、Jリーグで不敗神話を持つストライカーの一日も早い完全復活が待たれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】鹿島1-1神戸|同点弾までの過程が完璧だったFWをMOMに! 菊池、古橋らも高評価
「ザーゴ監督がダメだったな、じゃなくて…」内田篤人が古巣鹿島の監督交代について語る!
「がんばります」「よろしくね」鹿島の新助っ人ピトゥカ&カイキが綴った“日本語”に反響!
枝葉を増やし、幹も太くなっていく鹿島。連勝でも相馬監督に慢心なし。「本当に今がまた大事」と一意専心
“不敗神話”も3年目に突入。上田綺世が決めれば鹿島は負けない。そして反転攻勢の号砲に

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月4日発売
    2022ー23シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    最新選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ