「ESL関与は深く後悔」チェルシー上層部が沈痛な想いを吐露!参戦理由は「後れを取るリスクを避けたかった」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月24日

24日にはウェストハムと大一番を控える

スーパーリーグ構想に抗議するチェルシーのファンたち。(C) Getty Images

画像を見る

 チェルシーの上層部は、時計の針を戻せるなら戻したいと考えているようだ。英公共放送『BBC』が伝えている。

 現地時間4月18日に正式発表され、世界中を揺るがした欧州スーパーリーグ(ESL)構想。48時間のうちにプレミアリーグのアーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナムの全6クラブが撤退を表明すると、アトレティコ・マドリーとイタリアの“ビッグ3”もその動きに追随し、12クラブで始まった新プロジェクトに残っているのは、レアル・マドリーとバルセロナのみという惨状だ。

 今後のスペイン2強の動きには大きな注目が集まるなか、チェルシーのオーナー、ロマン・アルバモビッチ氏はじめ、取締役会がコメントを発表。沈痛な想いを吐露している。

「このような提案にクラブを巻き込む判断は、するべきではなかったと理解している。決断には深く後悔している」

 さらに、ESL参戦は国内やヨーロッパのライバルに後れを取るリスクを避けたかったからだと説明し、信頼回復に向け、改めて「クラブの信念」を伝えている。
 
「ESLから撤退した後、様々なサポーターグループと直接話をして、彼らの意見や懸念に耳を傾ける時間を取った。我々の野望は、チェルシーを世界最高のクラブにすること。そしてピッチ上だけでなく、地域社会と連携し、還元していくことだ」

 23日のアーセナル対エバートン戦では、エミレーツの外に1000人以上のグーナーが集まり、オーナーのスタン・クロエンケ氏の退任を訴えたほか、一部報道ではESLの参加に署名したクラブは、破棄した場合、3億ユーロ(約375億円)の支払い義務が報じられるなど、ESL騒動はまだ収束する気配がない。

 現在4位のチェルシーは、24日に勝点55で並ぶ5位のウェストハムとのチャンピオンズ・リーグ出場権を懸けた一戦に挑む。この大一番を制し、ピッチ外の騒音を鎮めることができるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のチェルシー・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!
【関連記事】
「私たちは明らかに間違っていた」ESL構想のメインスポンサー『JPモルガン』がついに“白旗宣言”! ペレス会長も打つ手なしか
「怒号が響き渡った」久保建英と対峙したバルサDFにクーマン監督がプッツン→即交代の非情采配!「やり過ぎだ」
韓国サッカー界に激震ふたたび! “英雄”キ・ソンヨンが親子での違法疑惑に緊急謝罪!「カネを追い求めたわけでは…」
「イ・スンウを追い出した日本人が…」鈴木優磨のステップアップ移籍に韓国メディアも注目!「より大きな舞台でプレーする可能性が高い」
“渦中”のアーセナル、GKの衝撃ミスでエバートンに25年ぶり黒星…指揮官は「クオリティを持ち合わせていない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月5日発売
    2021-2022シーズン
    欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    ビッグクラブ選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ