「私たちは明らかに間違っていた」ESL構想のメインスポンサー『JPモルガン』がついに“白旗宣言”! ペレス会長も打つ手なしか

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月23日

1クラブに最低3億5000万ユーロを保証

メインスポンサーの白旗宣言で、ペレス会長はどうする? (C) Getty Images

画像を見る

 欧州スーパーリーグ(ESL)自体の“白旗宣言”と言えるかもしれない。

 4月18日に電撃発表されたESL構想は、大バッシングに遭い、当初参加を表明していた12クラブから、アーセナル、チェルシー、リバプール、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、アトレティコ・マドリー、インテル、ミラン、ユベントスが撤退を表明。残るは、この構想を主導したフロレンティーノ・ペレス会長が率いるレアル・マドリーとバルセロナだけとなっている。
 
 こうした状況を受けて、ESLのメインスポンサーとして1クラブに最低3億5000万ユーロ(約437億5000万円)という莫大な融資を約束していたアメリカの金融会社『JPモルガン』が4月23日、公式声明を発表した。スペイン紙『AS』などが伝えている。

「私たちは、この取引がより広いサッカーコミュニティによってどのように見られるか、そしてそれが将来彼らにどのように影響するかを明らかに見誤っていた。このことから学びます」

 すでに崩壊状態にあるESL構想だが、スポンサーが「間違っていた」と認めたことで、さしものペレス会長ももはや打つ手なしか。その動向が注目される。

サッカーダイジェストWeb編集部



【PHOTO】現地番記者が選ぶ「過去20年のR・マドリー・レジェンドTOP10」を厳選ショットで振り返り!
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「シャルケがベスト4に行くのが面白いんじゃん」内田篤人がスーパーリーグ構想に物申す! プレミア勢撤退前に“崩壊”を予言も…
「60時間で10クラブが撤退」ついにユベントスも離脱でスーパーリーグは完全崩壊! 残されたスペイン2強はどうする?
「まるで誰かを殺したかのよう」ESLへの猛烈批判にペレス会長は落胆も…「ユベントスとミランは離脱していない」と諦めず
「あんな嘘つきは見たことがない」UEFA会長がユベントス会長&マンU・CEOの“裏切り”を痛烈批判!「ESLはただの噂と言っていたくせに…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ