ガンバ戦で1G1Aの名古屋・相馬勇紀、次戦の首位川崎との大一番へ「向こうが上と思っていない」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月22日

「決勝戦という位置づけになると思う」

次節の川崎戦へ意欲を語った相馬。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 東京五輪を狙う若武者が輝きを放った。

 J1リーグは4月22日、11節の名古屋グランパス対ガンバ大阪を開催。名古屋がU₋24日本代表候補の相馬勇紀の1得点・1アシストの活躍で2対0と勝利を収めた。

 左サイドで相馬の切れ味鋭いドリブルがG大阪の脅威となった。まずは29分、敵陣中央でボールを保持した相馬は、一気にスピードアップして対峙したDFを振り切りクロスを供給。これを山崎凌吾が胸トラップから落ち着いて沈め、名古屋が先制する。

 さらに55分には吉田豊からのスルーパスに反応し、そのまま敵陣を切り裂くと、最後は三浦弦太をかわして右足で流し込んだ。相馬の全得点に絡む活躍と、今季10度目のクリーンシートで名古屋がG大阪を下した。

 試合後、勝利の立役者となった相馬は「2節以来、(ゴールという)結果を出せていなかったので良かった。チーム全体で掴んだ勝利だと思う」と2試合ぶりの勝利を喜んだ。

 自らのゴールに関しては「相手の背後をとることを意識していた。相手が飛び込んでくるのが見えたし、角度がなかったので、左足で切り返したが、良い位置に置けたのでスムーズにシュートが打てた」と振り返った。

 次戦は4月29日に行なわれる22節の川崎フロンターレ戦。勝点3ポイント差で追走する首位との大一番となるが、「決勝戦という位置づけになると思うが、しっかりと相手を分析して、チーム全体でいい準備をしたい。向こうが上とも思っていないので、全員の力で勝利をもぎ取りたい」と力強く語った。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】キレッキレのドリブルからの切り返し! 相馬勇紀が今季2点目をゲット
【関連記事】
五輪候補の相馬勇紀が1G1A! 名古屋がG大阪に2発快勝、今季10度目の無失点試合で首位川崎に勝点3差
「このクラブおかしい」「仕事早すぎ」川崎、“チョコプラ”とのまさかの急遽コラボに大反響! 本人もツイッターで反応
失点に関与も17歳新人をフル出場させ勝利に導いた浦和指揮官。先発起用した3人の十代に未来を感じた夜
母校で最強サッカー部とコラボ! 16歳、本田望結が公開した“紅一点の集合写真”に3万超の「いいね!」
Jクラブも注目する逸材!静岡学園の190cmDFが世代別代表を経験してさらなる進化「基準が上がった」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ