• トップ
  • ニュース一覧
  • 「新国立で決められたことも意味がある」パナマ戦3発のなでしこFW菅澤優衣香が語る五輪への想い

「新国立で決められたことも意味がある」パナマ戦3発のなでしこFW菅澤優衣香が語る五輪への想い

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月11日

一番印象に残るゴールは3点目のヘディング弾

クロスに倒れ込みながらも頭で合わせハットトリックを達成した菅澤。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 なでしこジャパンは4月11日、国立競技場で国際親善試合のパナマ女子代表と戦い、7-0で大勝を飾った。

【女子代表PHOTO】日本7-0パナマ|前後半で7得点のゴールラッシュ!五輪へ向けて自信の深まる試合に

 この試合で先発したFW菅澤優衣香は、9分に岩渕真奈の仕掛けから、ゴール前のこぼれ球を詰めてまずは先制弾を奪うと、42分にも再びこぼれ球に素早く反応してゴールネットを揺らす。そして56分には岩渕のクロスをヘッドで叩き込み、ハットトリックを達成した。

 試合後にオンライン上で取材に応じた菅澤は、「代表でのハットトリックはすごい久々。自分自身1試合で3点取れることはなかなかない。新国立で決められたことも意味がある事かも」として、「改めてピッチに立った時に、オリンピックの決勝に立ちたいと思ったし、新国立という素晴らしいピッチで試合をしたい」と東京五輪決勝の舞台に予定されている国立競技場でのゴールに喜びを語る。

 3ゴールのうちで一番印象に残っているのは「最後のヘディング。それまでもヘディングのチャンスがあったなかで、決め切れていなかったので、最後の真奈からの良いクロスをヘディングで決められて良かった」と胸をなで下ろす。
 
 東京五輪本大会まで100日に迫った。

「自国で(オリンピックを)出来るということは、生きている間にあるかないかの貴重な年になる。自分自身オリンピックに出たこともないので、まずはメンバーに入れるように、アピールしながら、コンディションを上げていければ」として、「応援してくれている皆さんに恩返しができるように、頑張りたい」と決意を語った。

 なでしこジャパンは今後、6、7月に親善試合を3試合行ない、7月21日から開幕する東京五輪を戦う予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
長谷川唯、ミラン加入後初の代表戦で華麗なループショット!「あれは自分の得意な形」
【なでしこジャパン7-0パナマ|採点&寸評】創造性を発揮した長谷川らが高評価!MOMはハットトリックの長身FW
「是非ここで決勝を迎えたい」国立で7発大勝のなでしこ、高倉監督は金メダル獲得へ意欲
【なでしこジャパン】代表初先発、DF高橋はなが示す五輪メンバー入りへの覚悟「圧倒できる力をつけたい」
「これは貴重」「めちゃくちゃ可愛い」なでしこ鮫島彩が投稿した異種メダリストの豪華3ショットにファン反応!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ