まさに鉄壁!名古屋、今季5度目ウノゼロ勝利でJ1記録の連続無失点試合を9に更新! DF丸山の決勝弾で広島撃破

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月14日

堅守をベースに安定した試合運び

22分に先制のヘディングシュートを決めた丸山。写真:塚本凜平(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは4月14日、各地で4試合を開催。豊田スタジアムでは、19節の名古屋グランパス対サンフレッチェ広島の一戦が行なわれた。

 試合は、ここまで8試合連続無失点の名古屋が、堅守と前線の柿谷曜一朗やマテウスを起点とした攻めで安定した試合運びを見せる。そして22分、名古屋は左CKを得ると、マテウスのクロスにCBの丸山祐市が頭で合わせ、ネットを揺らす。ホームチームが先制した。

 先制した名古屋は、丸山と中谷進之介のCBコンビを軸に堅守を構築。前半は広島に隙を与えず1-0のまま折り返す。

 後半に入り、ハイネルや青山敏弘らを投入して反撃を試みる広島だが、名古屋の牙城は揺るがない。74分には、日本代表MFの川辺駿がディフェンスラインの裏に抜け出すも、GKとの1対1はランゲラックの好守に阻まれ得点には至らず。

 結局、名古屋が堅い守りで1点差を逃げ切り、今季5度目のウノゼロで連勝を飾った。名古屋はこれで、前節にJ1記録を更新した連続無失点試合を9に伸ばし、勝点を26として2位をキープ。一方の広島は今季初の連敗で勝点16となっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】丸山の今季初ゴールとなるヘディング弾!
【関連記事】
J記録更新!9戦連続無失点の名古屋、殊勲のDF丸山祐市がウノゼロ勝ちに「しぶとく相手の良さ消せた」
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「腹が立ったよ、日本に押し込まれて…」韓国代表の左SBが惨敗に終わった日韓戦を回顧!「いまはホン・ミョンボの気持ちがよく分かる」
遠野が古巣を相手に1ゴール・1アシストの活躍!!川崎が3-1で福岡を下す
宇佐美の一発でG大阪が待望の今季初勝利! 敗れた鳥栖は攻めあぐね終盤の反撃も実らず

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ