「中国のマナー違反が炸裂した」韓国メディア、女子代表の五輪予選敗退に敵国を糾弾!「観客はコロナ対策なし、選手は時間稼ぎ…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月14日

「レベルの低い意識で、拍手はできない」と非難

延長戦に突入する激闘の末に中国が韓国を破り、東京行きの切符を掴んだ。※写真は第1戦の様子。(C)Getty Images

画像を見る

 中国女子代表は4月13日、東京オリンピック出場を懸けた韓国とのアジア予選プレーオフ第2戦に挑み、延長戦に突入する激闘の末、アグリゲートスコア4-3で勝利。2大会連続の出場を決めている。

 死闘を制しての出場権獲得に中国が沸くなか、物議を醸しているのが“マナー”だ。2-1で勝利した敵地での第1戦でも、コロナ感染対策を無視し、声を出して応援したり、観客席でソーシャルディスタンスをとらなかったりしたことを韓国のメディアが問題視していたが、この日も同じ状況だったようだ。

 韓国メディア『Inter Football』は、「マスクなし、声を出しての応援、時間稼ぎ。中国は選手も観客もマナー違反が炸裂」と題した記事を掲載。敵国の振る舞いを厳しく糾弾している。

「1万人が殺到した中国の応援団は、コロナ対策などはしていなかった。マスクをしない観客が、声を出して中国代表を応援する姿はTVカメラにも映っていた。中継を見ても、選手たちの声が聞こえないほどの大きな歓声をあげていた」

【PHOTO】惜しくも東京五輪出場ならず… 韓国女子代表の女神、イ・ミナの厳選フォト
 そして、「中国の選手たちは、ピッチに倒れて過度の時間稼ぎをした」とフィールド上でもマナー違反があったと指摘。「延長後半ロスタイムには、中国の選手が倒れて審判が担架を要請したが、1分以上入ってこなかった」とスタッフによる時間稼ぎがあったことも非難している。

『Inter Football』は「結果的に、中国はゴールを守り、五輪の本大会出場に成功した。しかし、スタジアムで見せたレベルの低い意識により、相手の拍手まではもたらさなかった」と締めくくっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「我々はコロナを抑え込んだのだ」韓国側の“マナー違反”の指摘に中国メディアが怒りの反論!「そっちのコーチもマスクを外していた」
日本のファンが見せたモンゴル代表への振る舞いに中国メディアが驚き!「意外なことに…」
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「いまや日本代表は我々の4倍の価値がある」森保ジャパンの充実ぶりに中国メディアが愕然!「同じ時期にプロリーグが始まったのに…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ