「いまや日本代表は我々の4倍の価値がある」森保ジャパンの充実ぶりに中国メディアが愕然!「同じ時期にプロリーグが始まったのに…」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月13日

FIFAランクが77位だった中国は…

3月シリーズでは韓国とモンゴルに連勝した日本。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 4月7日に発表された最新のFIFAランキングで、28位だった日本代表はアジアトップを維持している。

 これを受けて、アジアで9番目の77位だった中国のポータルサイト『ソーフー』が、自国の代表と森保ジャパンとの「格差」を嘆いた。

「日本は中国の4倍の価値がある」と題した記事で、「20年以上前、中国と日本のプロリーグはほぼ同時に始まった。だが、日本代表が完璧な人材供給システムを確立した一方で、中国はまだ泥沼にある」と切り出し、日本サッカーのパフォーマンスは非常に目を引くと伝えている。

 3月シリーズについても、「2軍級だったとはいえ、韓国を3-0で破ったのは衝撃を与えた」「14-0というクレイジーなスコアでモンゴルを撃破した」と紹介。「アジアでは傑出している」と称賛し、アルゼンチンU-24代表との2戦目で3-0と快勝した五輪代表も「好調だった」と綴った。

【日本代表PHOTO】推定市場価格は合わせて100億円超え!韓国、モンゴル戦に臨んだ招集メンバー23人
 そして、「それでも、日本はA代表も五輪代表も欧州5大リーグでプレーする選手の全員を招集したわけではない」と感嘆。「対照的に、中国の男子サッカーの人材不足は深刻だ」と愕然としている。

 最後に比較したのが、ドイツの移籍専門サイト『transfermarkt』が日々更新している「推定市場価格」だ。これは、選手の能力や実績、年齢、過去の移籍例などを総合的にジャッジして弾き出される評価額で、移籍マーケットにおける“価値”を示す指標として定評がある。

 日本は3月の招集メンバーの合計は8315万ユーロ(104億円)だったのに対し、中国はブラジルからの帰化選手を含めても1798万ユーロ(22億5000万円)。「4分の1の価値しかない」と締めくくっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 
【関連記事】
日本のファンが見せたモンゴル代表への振る舞いに中国メディアが驚き!「意外なことに…」
「日本国旗なんてふざけるな!」韓国代表ユニの胸元に刻まれた“世界基準”がまさかの大炎上!「自尊心はどこへ?」
「お前はニンニク臭い」“韓国の英雄”アン・ジョンファンが同僚マテラッツィから受けた人種差別を激白「子どもみたいな奴だった」
「あらゆるビッグクラブが注目」冨安健洋の市場価値は“30億円超”と伊紙が激賞!「質の高さはDFというよりMFだ」
日本代表の23人合計でソン・フンミンひとりに及ばず! 日韓の招集メンバーを「推定市場価格」で比較すると…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ