長谷川唯、ミラン加入後初の代表戦で華麗なループショット!「あれは自分の得意な形」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月11日

3点目となるループショットを沈める

チーム3点目をを決めた長谷川。90分フル出場を果たした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 国際親善試合のなでしこジャパン(日本女子代表)対パナマ女子代表の一戦が4月11日、国立競技場で行なわれ、7-0でなでしこジャパンが勝利を収めた。

 なでしこジャパンは前半からパナマを圧倒。開始9分の菅澤優衣香の2試合連続ゴールで先制すると、16分にも清水梨紗の代表初ゴールで追加点。さらにACミラン所属の長谷川唯が、華麗なループショットで3点目を奪った。

 その後も攻撃の手を緩めないなでしこは、前半で計5点を奪い後半も2点を追加し、パナマに7-0で勝利。親善試合2連勝として、4月の活動を終えた。

 試合後、ミランに加入して初の代表戦となり、3点目を奪った長谷川唯は、「合流してすぐの試合だったが、五輪まで試合数も少ないなかで、しっかり合わせていこうと思った。まだまだ課題もたくさんあるが、たくさん得点を取って勝てたのは良かった」と試合を振り返った。

 さらに、自身の決めた華麗なループショットについては「それまで相手に当たったりしていた。あれは自分の得意な形。ああいうのをもっとほかの場面でも出せていけたら、もっと大量点につながったのかなと思うので、もっと質を追求していきたい」と語り、ゴールに満足せず、進化への向上心を見せた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】キュートさと実力を兼ね備えた「なでしこの逸材」、長谷川唯の厳選フォトをお届け!
【関連記事】
「強かった」「岩渕のアシストがお見事」なでしこジャパンがパナマにも7点圧勝! ファンの期待は早くも五輪本大会へ
【なでしこジャパン7-0パナマ|採点&寸評】創造性を発揮した長谷川らが高評価!MOMはハットトリックの長身FW
「右サイドのスナイパー」「とんでもなく上手い」清水梨紗の代表初ゴールにファン熱狂!
「是非ここで決勝を迎えたい」国立で7発大勝のなでしこ、高倉監督は金メダル獲得へ意欲
新国立初の代表戦、なでしこジャパンが7-0で快勝!長谷川の華麗なループ弾や菅澤のハットなどでパナマを下す

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ