鹿島は上田の2試合連続弾が生まれるも…。札幌がA・ロペスの今季8点目でドローに持ち込む!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2021年04月11日

札幌のA・ロペスはリーグトップの8点目をゲット

鹿島の上田は前節の柏戦に続いて2試合連続ゴールを決めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 J1リーグは、4月11日に第9節の8試合を開催。札幌ドームでは、北海道コンサドーレ札幌と鹿島アントラーズの一戦が行なわれ、2-2で引き分けた。

 立ち上がりからボールを握ったのはアウェーの鹿島で、早々の9分に先制する。相手ペナルティエリア付近で細かいパスを繋ぐと、ファン・アラーノが右足を振り抜く。シュートはDFに当たったが、こぼれ球を永戸勝也が豪快にゴールに突き刺した。

 さらに20分、CKの混戦から町田浩樹がヘディングでボールを繋ぎ、最後は上田綺世が胸トラップからシュート。上田の2試合連続ゴールで鹿島がリードを2点に広げた。

 一方、ホームの札幌は26分、相手ゴール左でFKのチャンスを得ると、キッカーの福森晃斗は低い弾道のクロスを供給。混戦となったなかで、田中駿汰が左足でボールをゴールへと蹴り込んだ。

 2-1で鹿島がリードして試合を折り返した。
 
 後半は1点を追う札幌が主導権を握る展開。サイドを起点に攻撃を構築し、駒井善成やアンデルソン・ロペスに決定機が生まれる。

 すると64分、右サイドをドリブル突破した金子拓郎がペナルティエリア内で永戸に倒され、PKを獲得。キッカーのA・ロペスは冷静に決めて、札幌が同点に追いついた。

 終盤はお互いチャンスを迎えながらも、なかなか決め切れず。結局、2-2でタイムアップ。暫定ながら札幌は13位、鹿島は14位となった。

構成●サッカーダイジェスト編集部
 
【関連記事】
【J1ベストイレブン】3選手が「7.5」の高採点!MVPは大車輪の活躍を見せたFC東京のエース|8節
ピトゥカが明かす「第一希望」鹿島。移籍最大の決め手はジーコ「彼が着たユニホームに袖を通せることが誇り」
海外も騒然となった大久保嘉人への“蹴り上げシーン”、判定は妥当だったのか? 元レフェリーの見解は…
日本屈指のファンタジスタ、横浜FCの中村俊輔がJ1出場400試合到達へ! 仙台・関口&横浜・實藤も記録達成間近
鹿島期待の新戦力、MFピトゥカが初会見!「まだデビュー前なのに…」サポーターの歓迎ぶりに感謝

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ