狙いすましたロングフィードは「ちょっとミスった」がゴール演出。元FWのCB宝田沙織の可能性

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月08日

自身のユーティリティ性を「もっと極めたい」

「リズムを後ろから作れなかった」と反省する宝田だが、確かな技術で岩渕のゴールをお膳立てした。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 7-0と完勝したパラグアイ戦で、なでしこジャパンの宝田沙織はCBで先発フル出場。試合を次のように振り返った。

「(チームとして)けっこう攻めている時間が長くて、そのなかで後ろが重たすぎず、どう得点に絡めるかというところで、少し迷ったりして、リズムを後ろから作れなかった」

 本人はそう反省の弁を述べるが、63分には狙いすましたロングフィードで岩渕真奈のゴールを演出している。

「ハーフタイムの時に、FWが斜めの動き出しをするから蹴ってほしい、と話していたので。そこが見えて蹴ったら、ちょっとミスったんですけど、ゴールにつながったので良かったです」

 この日はCBでのプレーだったが、かつてはなでしこリーグ2部で22ゴールをマークし、得点王に輝いた経歴を持つ元FWでもある。ただ本人は「中学とか高校でも、CBとかはけっこうやっていた」とこともあり、DFとしての能力も高い。
 
 東京五輪の登録メンバーは18人。複数のポジションをこなせる存在はチームにとって大きい。そこは宝田自身も「プラスになると思う」と語り、そのユーティリティ性を「もっと極めたい」とさらなる成長に意欲を見せた。

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【女子代表PHOTO】日本7-0パラグアイ|岩渕が2ゴールの活躍!約1年ぶりの国際試合は7得点で大勝を飾る!
 
【関連記事】
「鬼強いやん」パラグアイに7発圧倒のなでしこジャパンに賛辞続々!「岩渕のドリブルはワクワクする!!」
「我々も目指すべき」7失点完敗にパラグアイ・メディアがなでしこジャパンを称賛!「日本は世界の強豪だ」
「主人公感がすごい」なでしこ岩渕真奈が5ゴールに絡む圧巻のパフォーマンス!「周りとレベルが違う」
「ライバルだったのに…」鈴木優磨のゴール量産に韓国メディアも驚嘆! 燻る元同僚イ・スンウには嘆き「スズキと比べて物足りなさが際立つ」
「目を閉じていても獲得する」ザッケローニが冨安健洋に賛辞!「日本人を指導したが、彼らは…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月20日発売
    スーパー上昇タレント!
    ゴールデンボーイ番付
    W杯&移籍市場の
    主役候補はこの男たち!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ