ガンバ、ホーム初陣も初白星ならず…2戦連続無得点ドローで今季初ゴールも生まれず

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月07日

今季3試合目のG大阪と3試合ぶりの勝利を狙った福岡が激突

先発した宇佐美だが、ゴールは生まれなかった。写真:徳原隆元

画像を見る

 J1リーグは4月7日、各地で8節の9試合を開催。パナソニックスタジアム吹田では、ガンバ大阪対アビスパ福岡の一戦が行なわれ、0対0の引き分けに終わった。

 新型コロナによるクラスター(集団感染)が発生した影響で、約2週間の活動停止期間があったG大阪は、今季3試合目で初のホームゲームを迎えた。一方の福岡は3試合ぶりの勝利を狙って敵地での一戦に臨んだ。

 試合は、立ち上がりからG大阪がボール支配で大きく上回り敵陣へ攻め込むものの、福岡はセンターバックのDFカルロス・グティエレス、宮大樹、GK村上昌謙を中心とした堅守で凌いでいく。

 G大阪が攻め切れない展開が続くと、福岡も両サイドからの効果的なカウンターで反撃。湯澤聖人のクロスから決定的なシーンも作るが、ネットは揺らせず。前半はスコアレスで折り返した。

 後半は徐々にG大阪が勢いを取り戻し、ゴールに迫るが、ネットを揺らすことはできず、0-0の引き分けに終わった。G大阪は2試合連続のスコアレスドローに終わり、勝点2とした。一方の福岡は同8で11位としている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
【関連記事】
「信じられない経験をした」F・トーレスが日本時代を回想!「だから1年しか滞在しなかった…」
「“霊長類最強”と言ってもいい」圧巻の62回! スプリント回数で最多記録更新の前田大然に脚光!
「絶対出してくると思った」思わず主審にパスした吉田豊に反響続々!「吉田には愛され要素しか無い」
【J1採点&寸評】広島0-0G大阪|約1か月ぶりの試合をドローで終えたガンバ。今季初の勝点獲得の立役者は…
【福岡】トップチーム選手2名が新型コロナ陽性判定。濃厚接触者はなし

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ