同点弾“強奪”にドルトムントMFベリンガムが不満露わ「間違いなくフェアにボールを奪った」。指揮官も「残酷」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月07日

負傷で欠場のサンチョは「このレフェリーは見直す必要がある」

ベリンガムとGKエデルソンの問題のシーン。写真を見ても前者が一瞬早くボールに触れているが…。(C)Getty Images

画像を見る

 疑惑の判定に怒りの声が噴出している。ドイツ専門誌『kicker』が伝えた。

 ドルトムントは現地時間4月6日、チャンピオンズ・リーグの準々決勝・第1レグで、マンチェスター・シティと敵地で激突。19分にカウンターからケビン・デ・ブルイネに先制点を許すも、84分にキャプテンのマルコ・ロイスが意地の同点ゴール。しかし、このままドローかと思われた90分、フィル・フォデンに痛恨の決勝点を浴び、結局1-2で敗れた。

 終盤で二転三転する劇的な展開に大きな注目が集まるなか、この一戦ではそれと同等か、それ以上に世界をざわつかせるシーンがあった。ドルトムント1点ビハインドの37分だ。

 ジュード・ベリンガムは相手守護神エデルソンのトラップが大きいと見るや、猛然とチャージをかけカット。無人のゴールへ流し込むだけとなるが、次の瞬間ホイッスルが鳴り、プレーがストップ。ボールを奪った際のプレーがファウルと判定され、ビッグチャンスを逸してしまったのだ。

【動画】これはファウル?幻の同点弾はこちら(1分14秒~)

 だが、映像を見る限り、先にボールを触ったのはベリンガムで、むしろ相手を蹴ったのは遅れて足を上げたエデルソン。試合中継時にも意味深な主審のアップが数秒間映し出されるなど、疑惑の残る判定となった。
 
 試合後、インタビューに応じたベリンガムは「僕は間違いなくフェアにボールを奪った」と不満を露わにすると、ネットを揺らす前に笛が吹かれ、VAR介入の余地がなかったことに苦言を呈した。

「これだけ多くのカメラが設置されている昨今、ボールをゴールに入れるまで待たずにプレーを止めるのは少し不満だ」

 また、エディン・テルジッチ監督も「残酷なまでに腹立たしい」と憤りを隠せない。

「プレーを流して、後から決めてほしかった。スクリーンでシーンを見てからでも、いくらでもノーゴールに出来る。それにジュードは、普通にボールを奪っただけだ。

 しかし残念ながら、これもサッカーだ。我々だけでなく、他の人たちもまた同様にミスをする。だから時には頼るべきものを頼るべきだね」

 そして、負傷で欠場となったジェイドン・サンチョは自身のツイッターで、「このレフェリーは見直す必要がある」と、主審に“猛口撃”を仕掛けている。

 前半のうちに同点弾が生まれていれば、ゲーム展開は全く違ったものになったかもしれないだけに、ドルトムントが声を挙げるのは当然か。ただ、終わってしまったものはもう取り戻せないのもまた事実。来週の14日に開催される運命の第2レグに注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ