【徳島】宮代大聖がチームをJ1初連勝に導いた先制弾を振り返る! 「あのような形で前を向けたら…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年04月04日

「監督がいないという状況ですけど…」

貴重な先制ゴールでチームを勢いづけた宮代。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ7節]清水0-3徳島/4月4日(日)/IAIスタジアム日本平

 徳島ヴォルティスが敵地で3発快勝を収め、記念すべきクラブ史上初のJ1での連勝を飾った。

 清水エスパルスのホームに乗り込んだ徳島は、立ち上がりからポゼッションサッカーで主導権を握ると、28分に宮代大聖が左足で強烈なシュートを放ち、GKが弾いたボールを自ら押し込んでネットを揺らした。さらに徳島は54分に岩尾憲がPKで追加点を挙げると、終了間際の90+2分にも垣田裕暉がダメ押しの3点目を決めて完勝を収めた。

 宮代のリーグ戦2試合連続ゴールが、チームに勝利を呼び込む貴重な先制点になったが、本人は試合後のフラッシュインタビューでゴールシーンをこう振り返った。

「(鈴木)徳真くんから良い縦パスが入ったので、あのような形で前を向けたらどんどん仕掛けていこうと思っていました。最初のシュートは正面にいってしまったんですけど、うまくこぼれたので、落ち着いて決めれて良かったなと思います」
 
 今季はここまで、先制点を奪いながらもなかなか勝ち切れない苦しい試合展開が多かったが、「1点先制して後半という形に向かい、失点してしまう展開が今シーズンは多かったなかで、今日は追加点を奪って3-0で勝てて本当に良かった」と喜びを露わにした。

 また、3月30日には新型コロナウイルスの入国制限により来日できていなかったダニエル・ポヤトス新監督が、ついに待望の来日を果たしたとの嬉しい情報も入ってきた。

 宮代は指揮官不在の状況で戦ってきたここまでを振り返り、「監督がいないという状況ですけど、一人ひとりが高い意識を持って日々取り組んでいるので、本当にそれが今日結果に出て、良かった。次も切り替えて頑張りたい」と意気込みを語った。

 徳島は次節、7日にホームでベガルタ仙台と対戦。勢いそのままに3連勝目を飾れるか、注目だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【J1第7節PHOTO】清水0-3徳島|宮代、岩尾、垣田!徳島攻撃陣が躍動し、敵地で3発快勝・J1初の連勝!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ