「僕らとの違った部分」。中山雄太が挙げる勝敗を分けたアルゼンチンとの差

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2021年03月27日

「チャンスがあるなかで決め切れないシーンは今日もありました」

U―24代表の中山雄太が、アルゼンチン戦について振り返った。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

 U―24日本代表がU-24アルゼンチン代表と対戦し、0-1で敗戦。21分にクロスからアドルフォ・ガイチにヘディング弾を決められ、結局これが決勝ゴールとなった。ただ、シュート数はアルゼンチンの4本に対して日本が10本。チャンスが多かったにもかかわらず、敗れてしまった。

 試合後、キャプテンマークを巻いた中山雄太は、ゲームを次のように振り返った。

「チャンスがあるなかで決め切れないシーンは今日もありました。逆に言えばアルゼンチンの攻撃はポストに当たるシーンも何回かありましたけど、やはりアルゼンチンが良かったなかでの時間帯で決め切った。そこは僕らとの違った部分だと思いました。

 僕らはゴール前の1メートルの部分のこぼれ球を押し込めなかったり、相手に対して崩し切れなかった。そこは金メダルと掲げたうえでは越えなければならない課題だと思います」

 攻勢に出た時間帯もあり、「前回の活動と比べると、積み上がっているのは確かで、そこに対しては手応えを感じている」が、結果としては0-1で敗れ「完成度で言えばまだまだ発展途上」と中山は言う。

 シュート数で相手より上回ったとはいえ、負け試合となれば改善点はあるだろう。中山は強豪国に対する攻略法を次のように語った。

「僕らには前線に強力なアタッカーがいるので中央で崩せればベスト。前半は(三笘)薫がサイドから崩したり、後半も相馬(勇紀)、三好(康児)が崩しているシーンもあった。スカウティングでも中央に堅い守備があるなかで、サイドにはスペースがあるというはあったので、やはりサイドからのクロス、そのクオリティを上げるのはポイントだと思います」

 僅差のゲームで勝利を手にするには、シュート技術やクロス精度など、個々のクオリティを上げるのは不可欠だろう。29日に行なわれるアルゼンチンとの再戦では、決定機を決め切れるか。ゴール前のパフォーマンスに期待したい。

構成●サッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
【U-24アルゼンチン戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
【セルジオ越後】久保や三笘は視聴率に見合う活躍をした?ゴールに向かう怖さがまったくなかったよ
【日本0-1アルゼンチン|採点&寸評】南米の強豪に善戦も最後の局面で精度を欠いた攻撃陣は厳しい評価に…
三笘は敵の罠にハマった印象。日本になくてアルゼンチンにあったものは…【編集長コラム】
「久保決めて!」「悔しいけど完敗」U-24日本が強豪アルゼンチンと激闘! ファンは第2戦の勝利に期待

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ