「努力してきて良かった」苦難を乗り越えて掴んだ江坂任の“代表初キャップ”! アシストは「蹴れる自信があった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2021年03月26日

「目の前の課題を全力で取り組んだ結果ここまで来れた」

韓国戦でA代表初出場を果たした江坂。攻守にハードワークする姿が印象的だった。写真:金子拓弥 (サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)

画像を見る

[国際親善試合]日本3-0韓国/3月25日(木)/日産スタジアム

「学生時代は年代別代表にも選ばれず、注目されるような選手じゃなかった…」

 そう口にしたのは、韓国戦でA代表初出場を果たした江坂任。「プロになるのもギリギリで苦労した」という柏レイソルの10番が常に目指してきた舞台。日本中が注目するなか後半の頭から出場し、好パフォーマンスを披露した。

 出場直後から積極的に前線で相手にプレスをかけて守備でもハードワークすると、攻撃でもチームトップタイとなる3本のシュートを放った。それでいてセカンドボールへの反応も素早く、しっかりとボールを収めて捌き、リズムを生む。自チームで評価されているプレーを存分に出していた。

 代表初出場でアピールできた要因として、江坂はチームメイトのサポートがあったことを明かした。
 
「自分が出来るプレーを全力でというところと、球際で負けないこと、守備のスイッチと攻撃で積極的に受けて捌くことを意識した。周りの選手からも『思い切って自分のやりたいプレーをやればいいよ』と言われていました。それがあって気持ちも楽になって、やりたいプレーが何回か出せたかなと思います」

 また、83分には右CKのキッカーを務め、ファーサイドを狙った高精度のクロスで遠藤航の追加点もアシスト。普段柏ではセットプレーのキッカーを務めることがあまりないが、「蹴れる自信があったので、アシストできたのは良かった。キッカーを任されれば良いボールを蹴りたい」と手応えを口にした。

 韓国戦後には、地元の知人などから多くのお祝いのメッセージをもらったという江坂。「今回代表に選ばれていろんな方が応援してくれていると感じました。目の前の課題を全力で取り組んだ結果ここまで来れたと思っています。もっともっと頑張らないといけない」と声援をくれる多くの人の想いを胸に、代表定着に向けてひた走る構えだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】日本3-0韓国|2021年初戦は韓国相手に3得点で勝利!モンゴル戦へ向けて好発進!
【関連記事】
やはり大迫がいなければ…日韓戦、不安視されたエリアで予想以上の成果。大きな爪痕を残した守田と山根
「韓国を笑いものにした」日本に惨敗で敵国メディアが指揮官を“臆病者”と酷評!「韓日戦の重要性を知らないのか?」
【セルジオ越後】山根のプレーを見れば川崎がなぜ強いのかが分かるよ。日韓戦のMVPを挙げるとすれば…
「日本のプレスは凄まじかった」韓国代表キャプテンが明かした“日韓戦惨敗”の舞台裏「認めなきゃいけない」
「日本が羨ましい限りだ」中国メディアが“宿敵”に完勝の森保Jを絶賛!「終盤韓国人は闘志を失っていた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ